下請法違反の事例にご注意ください。

 

経済産業省のプレスリリースによれば,中小企業庁は、センコー株式会社に対し調査を行い、下請代金支払遅延等防止法(いわゆる,下請法)第4条第1項第3号(下請代金の減額の禁止)の規定に違反する事実が認められたので、3月30日付で、中小企業庁長官は、公正取引委員会に対して、同法第6条に基づく措置請求を行ったとのことです。

 

親事業者は発注時に決定した下請代金を「下請事業者の責に帰すべき理由」がないにもかかわらず発注後に減額すると下請法違反となります(同法第4条第1項第3号)。

 

下請代金の減額について,よくお話をおうかがいするのは,取引先との間で単価の引き下げについて合意したものの,それ以前の発注分までさかのぼって単価の引き下げを強要された,とか,下請代金の端数が生じた場合に「切り捨て」を求められた,販促協力費等々の名目でディスカウントを求められた,等々の事例です。

 

まず,下請代金の計算に際しての新単価の適用について,ですが,新単価が適用されるのは,単価改定の合意が行われた時点以降に発注する分からです。したがって,単価改訂の合意日よりも前に既に発注した分に新単価を適用する場合は,下請代金の減額(遡及適用)となり,下請法違反,となります。

 

端数の切り捨て,については,端数が「円未満」かどうかによって,若干事情が異なります。下請代金の円未満の端数に関しては,これを切り捨てて支払ったとしても,下請代金の額を減ずる行為とはみなされません。例えば,下請代金の額が1,008,005円80銭だった場合,下請代金の額を1,008,005円とすることは問題ありません。ただし,1,008,000円とするなど1円以上の単位で切り捨てる場合は,下請代金の減額として下請法第4条第1項第3号の規定に違反することとなります。

 

販促費名目の減額請求ですが,平成20年の勧告事例があります。

 

下請法は,その適用関係が複雑でなかなかわかりにくいところがありますが(同じことが起きても,親事業者と下請業者の関係がある場合に限って,の話になります。),道内の企業では,親事業者の立場と下請企業の立場と,双方で問題となりうる法律ですので,ご留意ください。しかも,最近は,違反事例(勧告事例)は公表されることになりますので,親事業者の立場にある場合には,一層,慎重な対応が必要です。

 

 

(ご参考)

(中小企業庁長官の請求)

第6条中小企業庁長官は,親事業者が第4条第1項第1号,第2号若しくは第7号に掲げる行為をしているかどうか若しくは同項第3号から第6号までに掲げる行為をしたかどうか又は親事業者について同条第2項各号の一に該当する事実があるかどうかを調査し,その事実があると認めるときは,公正取引委員会に対し,この法律の規定に従い適当な措置をとるべきことを求めることができる

 

稚内鉄道歴史パネル展と「稚内駅最後の駅そば」

 

 

25日から稚内駅で展示中です。

DSC02060

稚内での鉄道開通の翌年、大正12年(1923年)、稚内と大泊の間に稚泊連絡航路が開設され、壱岐丸・対馬丸が就航し、これにより、稚内は鉄道とともに港湾都市として、また、樺太への要衝として発達、昭和3年(1928年)には、稚内駅(現南稚内駅)~稚内港(現稚内駅)間が臨港線として延伸され、稚内港駅が開業となりました。その後、昭和13年(1938年)に稚内港駅は、新築移転され、翌昭和14年(1939年)に現在の稚内駅に改称されました(以上、展示パネルより。)。

DSC02061

ところで、稚内駅が新駅舎に移転するにともない営業を終了する「駅そば」ですが、4月2日、「稚内駅最後の駅そば」と銘打ったイベントが実施されます。

DSC02048

展示されているのは、鉄道写真だけでなく、市内の昔の地図などもあり、それほど現在の地理と違ってはいないので、いまの市内の様子と重ね合わせてみると、なかなか趣深いところであります。

 

Mrs. Robinson

ようやく稚内も春らしくなってきました。道路の雪はほとんどとけて、そろそろドライブ本番の季節です。ところで、Mrs. Robinsonとは、曲名ではありません。

市内から30分ほどの農家レストランですが、時間のあるときは、よく出かけるところです。

おすすめは、地元のタマゴやさんのタマゴを使った

 

 

ですが、個人的には、薪ストーブのある風景

 

が好みで、普通のお客さんは2階の個室に行くようですが、筆者一家は、1階の薪ストーブの前を陣取ってしまいます。

ちなみに、ここのネコさんも薪ストーブがお気に入りです。若干、取り合いになります。

CA390237

稚内駅新駅舎開業式典・現駅舎さよならイベント

  稚内駅の現駅舎は平成23年4月2日をもってその役割を終え、新駅舎が翌4月3日に開業します。稚内駅では、これを記念し、「新駅舎開業式典・現駅舎さよならイベント」が行われるそうです(『広報わっかない』3月号より)。

この一環で、稚内鉄道歴史パネル展(3月25日~31日)、稚内鉄道資料展(4月1日、2日)が行われ、パネル展では、大正や昭和の稚内駅や鉄道に関する写真を中心に展示し、資料展では、当時稚内でも走っていた蒸気機関車のプレートや平成元年に廃線となった天北線に関する資料が展示されるそうです。   残念ですが、現駅舎と同時に、「立ち食いそば」も同日に営業を終了することとなりました。このおそば屋さんは、筆者が大学時代に初めて稚内を訪れたとき以来、今では、札幌・旭川方面の出張に朝イチの特急で出かけるときは必ずお世話になっているのですが、時代の流れとはいえ、国鉄時代からの文化の火が消えていくのは、悲しい限りです。

ちなみに、稚内の現駅舎は、昭和40年9月に建設されたものだそうです。偶然、筆者の生まれ年と同じです。筆者はとりあえず今でも現役で働いておりますが、「同期生」がその役割を終えて引退するのは、感慨深いところではあります。

product life cycle

  筆者は、お昼やおやつによくコンビニを使います。当事務所の最寄りのコンビニはセイコーマートですが、一時、「あんかけ焼きそば」にはまりました。「あんかけ焼きそば」の何がいいのかと言えば、製品の開発者には申し訳ないのですが、「あん」のかかっていない、「す」の焼きそばが、いかにもピュアな味で、いい感じなのであります。否、ありました。

なぜ、「ありました」なのか、といえば、最近、この「あんかけ焼きそば」を見かけないのです。筆者は、気に入ると末永く愛したい方なのですが、しばらく買い続けていると、いつのまにか、販売終了、となってしまいます。その時の失望とショックは、筆舌に尽くしがたいものがあります。

ちなみに、事務所の近くの地元スーパーでは、いつ行っても、お総菜コーナーには、筆者のお気に入りの一つである、「鳥のレバー」があります。一度に何個買ってこようが、枯渇することはありません。次の日には、ちゃんと復活しています。お気に入りとともに過ごすひとときは、お気に入りがいつもそこにあるという安心感とともに、人生の最高の楽しみです。

コンビニはたしかにコンビニエント、なのですが、筆者のように、お気に入りを末永く愛したい人間にとっては、コンビニのproduct life cycleは短か過ぎるのです。かならず「別れ」がやってきます。何事も、「別れ」はつらいものです。

リスク管理の基本は、「分散」です。こうした「お気に入り」を複数の店に、複数種類見つけておくことは、リスクマネジメントの王道です。   さて、当事務所の最寄りのコンビニ。   上記の通り、セイコーマートですが、セイコーマート以外のコンビニに行こうとしますと、どこでもいいのですが、たとえば、セブンイレブンの北限は、筆者の知る限り、美深町(北緯44度28分44秒、東経142度20分51秒)で、ここ稚内から、ドライブすることざっと南に150キロです。

簡単に言えば、

最寄りのセブンイレブンは、南に150キロ

のところにあります。さすがに、北の大地は雄大です。