2,3週間先の話を今しなければならないのは,難しいと思いますが。

今は,若年層が感染者の中心で,重症者も少なく,医療現場も逼迫していない,とおっしゃいましても,市中感染で,高齢者(=ハイリスク者)に市中感染が広まるのは,2,3週間後です。そのときになって,医療が逼迫しないように,今,どうするのか,と将来の話を今しなければならないと思うのですが,今こうだから,と言う話は,全然いただけません。

東京は,まだいいと思います。

これから,「Go To」とかで人が動き出したとき,高齢化の進んだ地方に人が移動すれば,高齢者に感染が広がるリスクは高まります。しかも,医療施設も,東京のようなわけにはいかない。などということを考えたら,やっぱり,東京から若い人が来る札幌(やその周辺)などの観光地は避けよう,と警戒するのが人情でしょう。それでは,少なくとも観光がなんとかならないと再開は難しい地方経済は,いつまでたっても「自粛」です。

そもそも,感染症に専門家が前に出すぎで,経済の面がおろそかになった,みたいなことを言われていましたが,本来,最良の感染症対策こそが,最良の景気対策でもあるはずです。

検査しても,連絡が取れない陽性者がいるって,どういうことでしょうか?検査しただけで,居場所を把握していない,いわんや,隔離もしていない,ということは,それで感染が広まったら,どこかの知事さんではないですが,人災だといわれてももっとも,かもしれませんね。最近,稚内のホテルも結構いっぱいですが,その人が,「GoTo」で北海道にも来る可能性があると言うことでしょうか?