お世話になっております。

北海道の空港で除雪は不可欠ですが,大変な作業です。


就航率99.5パーセントの旭川空港は,除雪作業のおかげです。

驚いたのは,旭川駅から空港までのバスですが,5時起きで,あさイチの6時56分のバスで,空港まで40分,しばし寝ようかと思いましたら,頼みもしない資料映像のような画像と音楽,で,コマーシャルが,えんえん40分。広告料で,その分運賃が安くなっているのであれば文句は言えませんが,稚内市内~稚内空港までの空港連絡バスが(乗客が市内で降車しないことがわかりきっているので),これからはご案内は致しませんので,ごゆっくりお過ごしください,としばしの静寂を作ってくれるのと実に対照的でした。

JRのアナウンスですが,” to avoid causing undue annoyance to other passengers, please refrain from engaging in loud conversations”とか, “if you use a mobile phone, please go to the end sections near the doors”とか,まあ,お静かに,ということですが,「静寂」も,重要なサービスではあります。さすがにJRでは(少なくとも,宗谷線では)車内の音声付きのコマーシャル放映はありませんが,乗客には静かにしろ,とアナウンスしつつ,事業者がスピーカーでコマーシャル流していたら,せっかくのアナウンスが台無しです。

売上向上の努力には敬意を表しますが,観光地(事業者)としての成熟度が,こういうところでもでてしまうものです。