双方に受け入れ可能な形で,最終的に解決・・・

日ロ共同声明ですが,日ロ両国の関係が広く,かつ深く発展することを期待したいと思います。

今回発表された日ロ共同声明は50項目以上の多岐に及ぶものですが,こうして眺めてみると,結構,日ロ両国間にもissueが存在していますね,ということで,改めて,ロシアが隣国(2国間が国境を接している)であることを思い出させます。換言すれば,それほど,近くて遠い国,であることが,日ロ両国とその国民の置かれた現実を象徴しているように思われます。

なかでも,「ビジネス・コンタクトの活発化、観光客の増加および人的交流の拡大を目的として両国国民の短期渡航の査証相互撤廃の展望についての省庁間協議を始める」という,いかにももってまわった表現ですが,要は,信頼の基礎は,相互の行き来を増やして交流を深めること,いちいち,なんだかんだ,招待状だのビザだの,うるさい手続があるだけで交流にブレーキがかかってしまうので,そうしたバリヤーを撤廃する「展望についてお話し合いをしましょう」ということのようです。

なかでも,「エネルギー,農業,インフラ,運輸等の分野における互恵的なプロジェクトの推進」や「同地域における協力推進のための両国間の官民パートナーシップ協議」,「日本貿易保険(NEXI)およびロシア輸出信用・投資保険庁(EXIAR)との間で,貿易・投資促進に向けた協力関係構築」といった経済関係のアジェンダが目白押しであるのも経済交流促進の意義を期待したいところです。

ただ,北海道的にはどうか,というと,通関のコストや時間,煩雑な手続,冷凍コンテナなどの輸送インフラの不足,自国産業保護のための不公正な関税措置,貿易システム(…なにやらむかしむかし,どこかの国にさんざん言われたフレーズに似てますが),債権回収のための司法インフラの未整備等々,そうしたちょっと首脳レベルで話には「小さすぎる」テーマがかえって重要だったりするわけでして,今回の首脳会談を機に,そうした「小さな」問題についても,ぜひ解決の一歩を踏み出したいものです。