きょうの稚内南ロータリークラブでのスピーチから

 

1.はじめまして。

北海道に来まして,5回目の春を迎えることとなりました。やっと気温も春らしくなってまいりましたが,今度は本州の方で雪が降った,とのことでございまして,なかなか一筋縄ではいかない天候のようです。

?

そういえば,むかし,アメリカにいたころ,シアトルの総領事館の人から,アンカレッジ(総領事館)の人がシアトルに来ると,薄着,温かい,とっている,しかも若干毛深くなったかんがある,とかなんとか,冗談が本当かわかりませんが,おっしゃっていたことを思い出しました。

?

ついせんだっても仕事で旭川に行きましたが(所属弁護士会が旭川弁護士会になります),旭川の弁護士さんに,「稚内の人が・・・」とか言われているのではないか,とちょっと気になります。確かに,アンカレッジは,涼しくていいところですが,空港にアプローチするところで,雪山だか氷河だか,わかりませんが,氷に向かっていく感じだったことを覚えていますが,さすがに稚内には氷河はありませんねえ。オーロラも。街中に鹿があることは共通ですが(ただし,あちらは「エルク」とか「ムース」とかいうもっとでかいやつですが。)。

?

2.社会としてのバランス感覚

弁護士バッジをごらんになったことはありますでしょうか。

?

あまり,縁のある方はいらっしゃらないように思います。そのデザインの意味について,はずかしながら当方もよく知っているわけではないのですが,よく見てみると,真ん中に「天秤」の絵がかいてあります。この「天秤」,これはもろもろの利害得失を正義の女神さんが天秤で計っている姿,いまでは,社会の正義とか公平とかの象徴と言われていますが,天秤の本質はバランスです。

?

話は飛びますが,週末,ボストンでの痛ましいテロにつづいて,容疑者が拘束された,というニュースを見ました。ボストン郊外の閑静な住宅街での銃撃戦,というのは日本では信じがたい光景ですが,感心したのは,「これから公共交通機関を止める。バスも,地下鉄も。」とか言って市民に理解と協力を求めている警察関係の人と,ことが終わった後に,近隣の人が警察官に対して賞賛されていたことです。

?

日本では,と想像しますと,法的根拠がどうのこうのから始まって,とにかく,手続,てかせあしかせ,そうしたものが,まず障壁として立ちはだかり,市街地での銃撃戦などもってのほか,権力の横暴とか行き過ぎた云々とか,結局,何もかにもまずは捜査機関に対する「批判」「苦情」はあっても,命をはって仕事をしている当局関係者に対して,別に,評価も感謝もなさそうです。

?

うっとうしい話はとにかく人まかせで(ちなみに,当方は,「国が責任をもって」とか「自治体(行政)の責任で」とか,まあ,いろいろ,一方的にまくし立てる人の話は,話半分で聞いています。),うまくいってあたりまえ,というか,なにか「チョンボ」はないかと揚げ足をとるように重箱の隅をつつきまくり,ちょっとでも「失言」しようものなら鬼の首でもとったように大騒ぎして,やれ「●●責任」だの,「●●としての資質」がどうの,ひとをこき下ろして自己顕示欲に走るつまらない風潮も問題といえば問題ですが,それはともかく,やはり,国民が真の意味で国政や,もっと実生活に密着したレベルでは,生活インフラの提供や(北電さんも気の毒ですねれ。),まさにこうした犯罪対策に主体的に参加していない,「人任せお気楽無責任主義」にどっぷりとつかってしまっていることが気になるところではあります。

?

それと報道では,今回の犯人は,確かに銃を所持し,街中で爆弾を爆発させたということのようですが,とはいえ,たとえば組織的背景があるのか,とか,もともと犯罪傾向の強い人なのか,というと,そうでもないらしく,いわゆる普通の大学生であったり,あるいは,まじめにエンジニアリングの勉強をしている,敬虔なイスラム教徒であったりする,つまり,普通の善良な一般市民がある日突然凶悪犯罪者になってしまう,その境目の希薄なことです。

?

これは個人の問題なのか,社会の問題なのか,よくわかりませんが,いずれにしろ,対岸の火事で済んでくれればいいですが,現実はなかなかそうはうまくいきません。「安全」について,犯罪者と普通の人の境目が希薄になればなるほど,社会全体での取り組みが必要になります。つまり,「お任せ」「無関心」でも許されたり,皆が「特定の集団(地方,業界)の都合・立場」を喧々諤々言いあったり,「問題なのはおまえのせいだ」と責任を押し付けあっていてもなんとか社会が成り立ってきた平和な時代が終わったことを意味します。「安全」とか「安心」とかは,「自由」「人権」と緊張関係にあり,どちらか一方だけでもうまく行きませんし,「民」もまた,「政府はけしからん」的お気楽主義を卒業して,相互に,その役割と機能を正当に評価しつつ,民と官(行政)の責任の良好なバランスを社会として維持しないとまずいと思いますが。