「ピークに達した」イタリア,外出禁止令の効果でしょうか。

単純に,接触の機会が減れば感染の機会も減る,ということが実証されているのかもしれません。中国が封じ込みに成功した,と言っているのも,結局は,都市の封鎖という「強行手段」と無縁ではないでしょう。

大騒ぎして法改正した新型インフルエンザ等特措法ですが,いまのところ,「ギリギリ」「瀬戸際」ではありますが,緊急事態宣言を出しには至っていない,つまり,「全国的に蔓延」しているわけではないということのようです。

緊急事態宣言を出すほどではありませんが,医療の崩壊を防ぐために,外出は自粛をお願いします,というのも,わかりにくい話です。歌舞伎町で飲んでいるオヤジが,「人任せ。禁止なら禁止と言ってくれれば従う。」と,どちらが人任せなのかわからない言い訳をしていましたが,一方で,お願いはしますが,あくまでお願いですので,ご判断にお任せします(政府に責任をとれと言われても困ります?),というの,このオヤジと同じくらい人任せで,国として情けない話です。

医療の崩壊を防ぐ,と言う意味では,現場がもう緊急事態,と言っているのに,政治が「いやいや,まだまだ」と消極的なのは,意味がわかりません。外出禁止令を出して強行に封じ込めを図っている欧米や中国と違い,特措法に基づく緊急事態宣言といっても,もともと,大変失礼ながら,たいしたことができるわけではないように思うのですが,そうすると,むしろ,これから医療の崩壊の危険が大きいのは,ツールの限られた日本ではないかと思うのですが,大丈夫なんでしょうか。

札沼線のある風景
札沼線のある風景

北海道内は,東京ほどには感染者数は増加していないようですので,東京等の大都市圏を差し置いて北海道に緊急事態宣言がでる可能性は低いはずです。ただ,例えば,稚内などでは,感染病床が4床で,医療従事者の数も少なく,「崩壊」は,こうした医療のキャパとの相関関係だと思うのですが,今でも,感染症対応に当たっている市立札幌病院の関係者は不眠不休だそうですから,感染者がさらに増えたときに,果たして北海道の医療態勢が「保つ」のか,そうした不安は,一向に消えません。

事情が変わった,のでしょうか?

たしか,検査対象をおさえるのは,ピークの発生をなだらかにして医療の崩壊を防ぐため,という説明でしたが,瀬戸際とか,ギリギリのところで持ちこたえているとか,「防ぐ」ことが難しいと言うことでしょうか。

札沼線のある風景

「軽症者」は家にいて静養して「くれれば」,8割の人はそのままなおります,ということが前提ですから,「くれれば」などは,所詮タラレバの世界ですから,軽症者が花見に出たり,仕事に出たり,満員電車に乗ってウィルスをまき散らすリスクは当然想定済み,それによって爆発的に市中感染が発生する可能性のあることは当然想定済み,で,「そういうことになっても」医療崩壊が起きないように,という措置だと思ったのですが,そうでもなさそうです。

われわれ中高年は,重症化する「20パーセントの方」で,そのうち,4人に一人はICU行き,重篤になるスピードも速く,致死率は50歳を境に3から4倍に跳ね上げることは中国からの情報でわかっていたわけですから,検査を断って時間を稼いでいる間に, 「瀬戸際」になる前に,当然,トリアージやってもらって,一般医療機関での受け入れ態勢や人工呼吸器の増産なんか,手を打っていただいているものと思っていましたが,かなりお寒い状況に思います。

まだ,ドラッグストアにもマスクはありませんが,いつになったら入手可能になるんですかね。便利で安いから,といって外国製品に依存してきたツケが回った格好ですが,とにかくメーカーさんには,どこから調達したらコスト削減になるか,もさることながら,個々の工場がストップしたら生産活動に支障が出ないか,再検討してほしいと思います。いっぺん,東日本大震災で痛い目にあっているメーカーさんも多いはずですが,今回,やっぱりサプライチェーンが途切れた,というのは,オタクの社長は無能ですよ,といわれても仕方がありません。

“We stay here,you stay home”

切実な,医療関係者の言葉です。

北海道では,緊急事態宣言,終了しちゃいましたが,欧米では,これからstay-at-home orderが発効したり,non essential traveler に対して国境を閉鎖したりして,かたや,日本の入国制限前に帰国して,検査の結果が出るまでは空港にいるに指示(要請?)されたにもかかわらず公共交通機関で自宅に帰っちゃったおバカさん感染者のような人がこれから町にでる危険があるというのに,この時期にねえ。

むしろ,これからでは?

っていうか,絶望的なのは,このごにおよんで,森友問題って,この国の政治の方ですね。

トランプ大統領の記者会見。

ツイッターで’チャイニーズ ウィルス’と言って,中国政府のお怒りを買っているトランプ大統領ですが,なぜ,’ チャイニーズ ウィルス ‘というのか,と詰め寄られても,’It comes from CHINA’ とやり返してひるまない。日本だったら大騒ぎになって,国の機能がマヒするところでしょうが,非常事態には,great bipartisan effort never seen が進む,というのは,政治家のみなさんも,マスコミも何が大事か,何をすべきか,よくわかっているさすがアメリカです。

Gov. Cuomoは,non-essential workforceの半分強について,自宅勤務を命じたそうですが,virusにさらされるリスクを減らすのであれば,休校の検討を要請とか,(ここ1,2週間のはずがいつのまにか)4週めの週末外出自粛要請ももちろん大事ですが,あの,満員電車をなんとかすることでしょうね。