専門家とか,霞ヶ関(中央)のお役人さんは,もう少し,ご自身の言動が自治体や,現場(保健所)に与える影響をお勉強された方がいいと思うのですが。

「  2.で示す新型コロナウイルス感染症の特徴 」と言っても,2.で言っているのは,こういう事例もあればこういう事例もある, 重症化するリスクの低い人もいれば,リスクの高い人もいる,的な,聞いても何の気休めにもならないことばかり。結局,意味のあることと言えば,

インフルエンザのように有効性が確認された抗ウイルス薬がなく、対症療法が中心である。また、現在のところ、迅速診断用の簡易検査キットがない。

ということくらいで,

発熱等の風邪症状が見られる場合の休暇取得、外出の自粛等の呼びかけ
症状が軽度である場合には「自宅での安静・療養」を原則とする
感染への不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することは、かえって感染するリスクを高めることになること等の呼びかけ等
感染症法に基づく・・・云々かんぬん

などという,おなじみの項目には敏感な,お役人さんのさがで,実際には,

帰国者・接触者外来で新型コロナウイルス感染症を疑う場合、疑似症患者として感染症法に基づく届出を行うとともにPCR 検査を実施する。必要に応じて、感染症法に基づく入院措置を行う。

というように,要は,帰国者・接触者外来で交通整理をしてください,というだけで,別に,断れ,とは書いていないのですが,「上の意向」を過剰に忖度して,「自宅で」ですから,「病院に来るな」「検査を受けるな」と極端なことを言ってみたり,,「疑う場合」を極端に厳格解釈して,「確証がないから検査しない,受診させない」みたいな,けんもほろろな非人道的な対応になってしまうのです。

結果,ありがちな,「国の基準が」とか,「個別の判断は自治体にお任せしているので」の責任の押し付け合いです。

それにしても,内容はともかく,いかにも官僚の作文臭のする,上意下達のための通達みたいな行政文書で,国民は蚊帳の外みたいな文章ですねえ。

この有事に「バランス」なんて言っているようでは,封じ込めにも失敗するわけですよ。稚内では札幌に比べれば医療体制も脆弱だろうし,どうするんですか。

厚生省のお役人さんは,客船内の「検疫」について,「 乗客は船内で過酷な状況で過ごしており、早く下船させるべきだという声もあった。感染のリスクとのバランスをどうとるかは難しい 」とか言っていたそうですが,「バランス」論は平時ならいざ知らず,有事においては政策目標は単純明快でなければならず,中途半端な対応は事態を悪化させるだけです。

しかも,感染症研究所の専門家チームが対応にあたっているのかと思ったら,役所の担当者(おおくは,事務官でしょ?)が,「専門家」に話を聞きながらやっているようでは,縦割りと言われても仕方がなく,陰性と判定されて下船して,公共交通機関で帰った乗客があとで,陽性でした,などという事態になるようでは,安心して,外も歩けません。

北海道では,感染者が広い範囲で出始めました。上川管内や釧路管内に感染者がいる,ということは,宗谷管内にも感染者は出るだろうし,もう出ているかもしれません。

ただ,医療体制も、都市部に比べれば脆弱だろうし,唯一の強みは,人混みがないこと,くらいで,外にでるのも躊躇します。

今週は,天塩で出張相談ですが,中止にしようか,思案中です。

アメリカでは日本への渡航情報について,危険レベルが1段階上がったそうですし,イスラエルなどは,過去2週間以内に日本に旅行したことのある外国人は入国禁止の措置がとられ,日本は,もはや立派な感染国です。観光や経済への影響を考えた中途半端な対応で,かえって事態を悪化させてしまった例です。