何でもかんでも札幌に集めてしまったり,交通事業者相互間の横の連携がないから,こうなるわけですよ。

新千歳空港で外国人旅行客が暴れたそうですが,「雪」が相手では仕方がないとあきらめていただくしかありません。

しかし,「雪」,と言っても,「この時期にしては」という枕詞が付きますと,ニュアンスは違います。「この時期」の大雪に関しては,すでに10日ころからもそうなっており,筆者も出張でひどい目にあいましたが,23日の暴風雪予報については,もともと予報が出ていたわけですから,除排雪の体制を前倒しするくらいのことはできたでしょう。

これでは「観光立国」日本のイメージが悪くなる,ということで国交省が調査をするそうですが,単純に,

何でもかんでも札幌(千歳)に集めようとするから,こういうことになるんですよ。

ただ,そうだとしても,千歳が使えないなら,周辺の旭川,帯広,を使えばよいわけだし,実際,千歳が使えないから,ということで,新幹線経由で来たり,帰ったりする人で,新函館北斗は終日混雑,だったそうですから,普通に考えれば,そういうことです。

ところが,近隣の空港と結ぶべきJRも,運休。それも,札幌駅構内の除雪が間に合わないから全線運休というのは,全く不合理で,帯広に出るのであれば,南千歳あたりから折り返し運転(あるいは道東道でバス)するとか,旭川に行くにしても,石勝線,室蘭本線は岩見沢までつながるわけだし,鉄路が無理なら,道路で岩見沢までピストン輸送すれば,特急が岩見沢~旭川間を折り返し運転してもらえれば何パーセントかの乗客は,空港の床に寝かされることもなかったでしょう。

実際,道内の交通機関が,全体として,そういう柔軟な運転ができるようなシステムになっていません。人もシステムも全部,いったん,札幌駅に入らないと気が済まなかったり,他の事業者と連携して非常事態に対処するという発想がない硬直的で融通の利かないかたちになってしまっているから,いざ,札幌駅,新千歳空港が使えないとなると,すべてがマヒしてしまうことになります。

首都圏の交通機関は,想定外の非常事態に備え,振替輸送の実施のために事業者があらかじめ協定を結んでいるそうですが,なぜか,道内の事業者には,交通システム全体がマヒしてしまうのを防ぐために,事業者が融通しあうというそういった発想がありません。一本がだめでも,代替経路を使って全部がマヒするのを防ぐ,というフェイルセーフの発想が,航空会社(機体の設計にはフェイルセーフは当たり前なのに,なぜか運航部門にはないのでしょうか。)にもJRやバス事業者にもなく,かつ,そうした連携を可能にするコミュニケーションもない,ことが諸悪の根源であり,外国からの信頼を失う原因です。

「安全・安心」だけではなく,「安定・確実・信頼」も,公共交通機関・システムとしては不可欠の要素です。本来,せっかくの旅行で何日も空港がクローズになって床に寝かせられて,臨時便も来ない,振替輸送もない,で,「欠航です。あしからず。」だったら,普通は,怒りますよ(まあ,暴れるというのは,お国柄なんでしょうか。)。事業者が,そのリスク管理と経費削減のために,何とかの一つ覚えみたいに「安全・安心」を唱えているのを真に受けて,ここまで不便で,信頼性を欠く交通機関の利用を強要されながら,一言の文句もなく「お天気のことですから」と納得している日本人は,人が良いのか,適当にあしらわれているのか,どちらでしょうか。

「一番大事なことは,平和条約の締結だ」,というのは,何で「食い逃げ否定」になるのか。。

一番大事なことは,というのは,他のイシューは二の次,ということです。日本が「領土問題」に固執して平和条約締結の障害になってはならない,というようにしか聞こえませんけど。未来志向,新発想の日露関係,ということでしょうか。

「日ロの経済的結び付きを深め,ウィンウィン(相互利益)の関係を築き,両国民の信頼を醸成していく。これが平和条約締結への近道だ。」というのは正直のところと思いますが,信頼関係の醸成は平和条約締結の前提で,「領土問題」解決の前提ということではない,ということになります。そもそも,日ソ共同宣言では,「平和条約が締結された後に」2島が現実に引き渡される,と書いてあるだけで,返還は,平和条約締結の後になりますよ(同時でも,前でもない。),というだけの内容です。

ただ,事前の報道ではロシア側からの共同経済活動の提案は,総額1.6兆円規模で,合意されたのは3000億円規模,ということでは,これで領土問題に日本が期待するような進展があるのであれば,ロシア側でも「食い逃げ」批判が起こりませんでしょうか。

風が強い稚内,明治26年,明治44年,昭和3年,昭和5年,さらには,平成14年にも大火がありました。

平成14年の大火では,火災現場は「JR稚内駅前の繁華街で古い木造家屋の飲食店が隣接・密集した市内中心部の一角であり,出火元建物は,昭和6年に建築され,その後増改築を重ねた木造モルタル2階建てで,東西に約50メートル南北に約40メートルと3方向に出入り口のあるT字形の大建築物の複合商業店舗」であり,「折からの強風と木造建物の密集、また建物がT字形で筒状の構造上、火が建物内を走り、瞬く間に隣接する建物に延焼し、多数の機関からの応援を受けるも、鎮火したのは翌朝5時25分、焼失面積は8,845平方メートルにも及んだ」そうです(以上,「稚内消防署 大火災の歴史」より。)。

積雪量はそれほど多くない稚内ですが,風が強いことから,大火災は人ごとではありません。

この時期に,とか,50年ぶりの大雪,とか,言われていますが,札幌の積雪量は気象台によれば,1メートル弱です。この数字,平年でも2月下旬から3月にかけて積雪量が80センチを超えることからすると,それほど驚く数字ではないように思いますが,それが短期間(2,3週間)で降ったからでしょうか。千歳でも,3日連続で足止めとか,確かに降雪量が多かったせいかもしれませんが,除排雪は,冬場の北海道にとって,ライフラインと同じです。

ところが,除排雪は,多くは,建設事業者の冬の仕事です。平成19年の数字ですが,北海道での建設業従事者の数はピークの平成9年頃から23パーセント減少したそうです。道内の建設投資額は,同じく平成19年で,全体として平成5年のピーク時から23パーセント減少,公共工事に至っては,平成11年のピーク時から60パーセントも減少しており,全国に比して公共事業の落ち込みが大きいとされています。しかも,東日本大震災の復興事業には道内からも「出稼ぎ」に出ている人がいます。さらに,人材難に拍車をかけているのが,東京オリンピック関連事業です。

だいたい,何も書いていなければ無条件,条件付きというなら,条件の存在を主張する方が立証責任を負う,それが普通です。

どうも,あちらの方は,「約束は守らなければならない」という,こちらではあたりまえの倫理観かのか,道徳観なのかわかりませんが,希薄なようで,約束しました,でも,「またこの次ね。」,ということで,結果,債権を踏み倒されて会社が傾いてしまった気の毒な社長さんを何人も知っています。

ビジネスにしろ国際政治にしろ,個人的な信頼感,などはあてになりません。「第一歩」であるならば,あと,残り,何歩なんでしょうか,たとえば,残り「99歩」は何と何で,そのうちの最初の1歩をクリアーしたから,残りはこれとこれと・・・99歩でゴール,くらいは約束させた上で共同経済活動も実施しないと,気がつけば,いつまでたっても「第1歩」です。約束しないなら,首脳会談もしない,と言い切るガッツがなければ,最初から勝負は負けです。

まあ,その「約束」すら心許ない相手方,ということで,実際,あまり事情は変わらないわけですが。