凍結路面,ブラックアイスバーンでも,ハンドルから伝わってくる「グリップ感」(抵抗感?)の無さ,で結構わかりますよ。

日本の最北の地では,もはや気温もビジュアル的にも真冬の様相で,このまま冬かとあきらめていますが,首都圏で11月に「積雪」というのは,やはり,何かおかしなことが(大きな変化が)起きているのでしょう。

それにしても雪に弱い,といわれる首都圏の交通システム,自動車については,国交省は,チェーンもつけず冬タイヤもはかずに雪道でスタックして立ち往生,通行止めの原因を作った車に対して罰金検討,というニュースがありましたが,シャーベット状の雪が道路を覆っていたり,ヘッドライトに照らされてきらきら光る凍結路面では,スタッドレスでも滑ります。

滑った結果,今回の「積雪」でも,ニュースになるのは物損事故ですが,スリップしてコントロール不能になったとき,その先に歩行者がいれば,重大事故は避けられません。

いつ冬タイヤに変えるか,毎年悩みどころ(早すぎれば,タイヤの減りが早いし,燃費も悪いので不経済。)ですが,「雪」の一文字があれば,「ここまで降るとは(予測不能)」は,昨今の「厳罰化」の流れを考えると,言い訳として通用するか疑問です。

北国でなければ,スキーや温泉が趣味の人でもない限り,冬タイヤは縁遠いものですが,運転していれば,路面状況はわかります。あの,パワステとは違う,妙な軽さ,そうなったら,ゆっくりスピード落としてそろそろ行くしかありません。目の前に急にカーブが現れたら,冬タイヤでも対応不能ですが,冬タイヤを履いていても,ハイビームにしてコントロールできる程度のスピードで,ゆっくりゆっくり,行くしかありません。

それはそうでしょう。選挙期間中にそう言っていたわけだから,就任初日のTPP脱退

その辺,見極めないで,わざわざ会いに行って,「信頼できる・・・」は,ちょっと拙速だったのではないでしょうかねえ。

それにしても,「故にTPPを推進する理由がなくなった。」と,野党さんですが,こちらも実にのんきです。TPPは多国間の交渉だからこそ,一国がエゴをごり押しするのをなんとか食い止めることができたことで,ぎりぎりここで妥協が成立しました,でも,TPPがぽしゃれば,今度は,2国間交渉でもっとひどい条件をのまされる,だから,ご不満もありましょうが,なんとかご理解を,というはずだったのに,文字通り,アメリカ・ファースト,アメリカのエゴむき出しで行きます,と次期大統領が国民に明言,約束しているのですから(国民に対する約束の意味合いは,日本とは違い,重いのです。),次に来る玉は,TPPどころではない,ということは覚悟する必要があるでしょう。

dsc_2624

相手がエゴむき出しで強烈な要求を突きつけてきたとき,とにかく引っ込めてもらおうとすれば,ビジネス的発想からすれば,何か見返りを渡して取引するのは普通ですし,ビジネスマンたる次期大統領は,当然,そういう世界の住人です。農業の市場開放かもしれませんし,あるいは,もっと「対等」な(=アメリカの防衛にとってメリットのある)安全保障の枠組みかもしれませんし,両方かも知れませんが,とにかく,「ゼロ回答」して「侮辱した」と思われても仕方がないと腹をくくる度胸がない限り,「どちらも飲めない」究極の厳しい選択を迫られることは目に見えています。そのとき,「個人的信頼関係」がどこまで機能するのか,今の日本社会に,そこまでの度胸や,厳しい選択をする選択する勇気があるのか,いずれにしろ先はバラ色ではなさそうです。

北海道付近は気圧の谷の中にあり,23日夜遅くからは吹雪や吹きだまりによる交通障害に,23日は最低気温はマイナス7に近く,強風や高波に注意,と言われても,このところ,晴天に恵まれた記憶はありませんので,常に気圧の谷の中にいるようです。

選挙中に言っていることと実際は違います,というと,「二枚舌?」ということになりますが,我が国の識者の間では,「二枚舌」は,現実的な路線をとる,信頼できる人,ということになるそうです。

結局,政治家は,舌を二枚持っている,ということなのかと思いますが,ビジネスの世界では,二枚舌を使うという評判が立ったら,顧客の信頼を失い商売に支障が出るだろうし,何より,選挙中の候補者の言葉を信じて投票した有権者を裏切った,となれば,怒りの矛先は新政権に向くわけですから,そう簡単にはいかないでしょう。

そもそも既存の政治家のそのような「二枚舌」に対する「カネもコネもない,粗野で無教養な田舎者」の怒りがビジネスマンを政権の座に押し上げたのが「世紀の番狂わせ」の要因であることがどこかに消し飛んでいるようでもあり,選挙期間中の識者の予想は,ことごとく外れたわけですから,識者が言う「信用できる」の意味についても,疑ってかかる必要があります。

素直に,アメリカでさえ保守主義,内向き,に大きく舵を切ったことを直視すれば,

経済合理性だけで人やカネ,モノの流れが支配され,商売に都合のよいところに資源が集中する仕組みによって,その経済メリットを最大限に享受しうるところに自由に活動拠点を選択できる多国籍企業のみが最大限利益を受け,

一方で,

地方経済,地方企業,中小零細企業との格差が,そのデメリットによってますます拡大し,一向に是正されないことについての「既存」の政治に対する不満,不公正感,不平等感,

が根っこの問題で,これを格差の温床である「グローバリズム」の世界の住民である「既存」の思考で克服することは無理,でしょうね。

それにしても,減税,大規模な公共インフラ投資への期待から,株価は上昇,ドル高(円安)が続いているそうですが,だいたい,減税と大規模な財政支出が両立できたら誰も苦労しないし,そんな話をする人物が「信頼できる人物」で,市場もそれを「好感」している,というのですから,富裕層や多国籍企業,機関投資家をプレイヤーとする市場の数字などを見て政策考えていたらとんでもないことになりはしませんでしょうか。

夜の新千歳空港展望デッキ。

冬場は日の入りが早く,あまり外に出たくない新千歳空港の展望デッキですが,風がふいて体感てきには,マイナスです。

デッキから滑走路の方向はどちらかというと東の方角で,日の出の時間帯は飛行機が飛んでおらず,日の入りの時間帯は,滑走路の向こう側からターミナルの方向を見ない夕日のシルエットができないのが難点です。

ただ,夜間撮影は,そういうややこしさがないのはいい感じです。

dsc_1323

稚内空港にくる道内便はこのボンバルディアです。気流が不安定だと,揺れます。