緊急脱出のリスク,もう少し周知した方がよろしいかも,とは思います。

今の飛行機は,型式証明を取得する要件として,「非常設備」 として,「90 秒以内に飛行機から地上に脱出すること」,が規定されています。

一方で,「安全に」とか「怪我なく」とかは明示的な要件になっていないとすれば,有り体に言えば,「90秒以内の脱出」,すなわち,何かあったら90秒以内に乗客員全員を脱出させることが最優先であり,少々のけが人が発生することは想定の範囲内だ,というのが実態ではないかと思われます。

そういう意味では,今回の羽田空港でのKAL機からの緊急脱出の際,90秒以内に乗客員全員が脱出できたのであれば十分,そこがきっちりおさえられていれば,合格,ということになりますが,緊急時,90秒で脱出できるかどうか,むしろ,そちらの方が問題です。

たとえば,筆者も,たまに非常口座席にあたることがありますが,その際,CAさんからは,この席に座った人には云々と,説明を頂きますし,座ったあと,自分でも注意書きを読んで,一応,「覚悟」は決めます。

ただ,なかばパニック状態の乗客を,たまたまそこに座った乗客がコントロールできるのでしょうか。さっさと自分が出てしまうことは論外としても,「客室乗務員が非常口を完全に開放するまでの間,他の乗客を制止」するとか,「機外の安全を確認して,非常口ドアを操作して開放」するとか,「脱出口下で後から脱出する乗客を援助」するとか,実際に訓練したこともありませんし,たまたま飛行機の乗客として乗った人が,果たして,「お願いしますね」といわれただけでまともに実行できるのか,非常に疑問です。

つまり,CAさんの指示誘導はともかく,そもそも「非常口座席」に座った乗客による指示・誘導など期待できないでしょうし,仮に,指示・誘導を行って頂けたとしても,他の乗客さんが言うことを素直に聞いてくれるとは限らないのが,いささか気になるところです。

そういえば,2月にも,確か,新千歳空港でJAL機から緊急脱出騒ぎがあって,その際,明らかに,手荷物を持ってシューターを降りてくる乗客や,機体のそばで,写メをとって何事かをしている乗客がテレビに映っていました。緊急時は,一切の手荷物を持たずに避難してください,降りたら機体から急いで離れてください,等々毎回機内アナウンスがありますが,そういう乗客の席には機内アナウンスがとどかないのか,例によって,「指示もアナウンスもなかった。」「説明が無かった」と,あくまで航空会社の責任です。

重大インシデントというなら,そういう乗客と乗り合わせたことの方が,よっぽど重大インシデントですし,怖いです。

 

今年も,芝桜

ももの葬式のあと,家族3人(ただし,一人は,お骨になってしまいましたが,でなければ,旅行は難しかったので,微妙なところです。)ではじめて,長距離旅行です。旭川→上川町→大空町→滝上→稚内の,ほとんど北海道半周です。

芝桜,ピンク色がきれいです。最近は,ご自宅でも芝桜を育ててらっしゃるお宅を目にします。

ただ,よく見ると,黄色い花(タンポポ)がちらほら,というか,あちらこちら。牧草地のタンポポは,遠目には黄色くてきれいに見えたりもしますが,あるとき,ピンク色が黄色になってしまわないように,関係者の皆様には大変だとは思いますが,お手入れのほどお願い致します。

芝桜2_160525

宗谷線の特急ですが,現在,札幌~稚内には3本(往復)の特急が運転されています。これを,そのうち,2本(往復)は旭川止まりにしよう,というのがJR北海道のもくろみだそうです。

新幹線の札幌延伸によって,車両を新調したり,新幹線の駅を用意したり(新調するか,現在の札幌駅を改造するか,もめているそうですが。),と物いりで,しかも,現在の札幌駅まで新幹線を引っぱってくるとすると,在来線の入線本数を大幅に減らさないと新幹線が入らない,など,いろいろ頭の痛い問題があるそうです。

札幌の関係者様がたは,「人口減で,在来線の入線を減らしても大したことはない」「札幌駅まで来ないと利便性を害する」と言って,(JR北海道の主張するもっと東に新駅建設ではなく)今の札幌駅まで新幹線を引っぱってくることを主張されているようです。この,「在来線の本数を減らしてもいい」が,宗谷線の札幌「乗り入れ」を3分の1にする,というかたちで,出てきてしまった格好ですが,これって既に「利便性を害する」ことにはならないのかしら?。そもそも,宗谷線は,JRでなかったのかしら?

新幹線効果を全道的に波及するために,乗り換え客の足となる2次交通機関の整備が急務,とされている中で,宗谷線は,2次交通機関どころか,(旭川乗り換えで,そこから先のバスなどと同じく)3次交通機関の位置づけになっているのかはわかりませんが,まず新幹線(札幌延伸)ありき,で,新幹線建設や新車両調達のために,老朽化した在来線車両の更新までは金がまわりません,ので,本数を減らします(2次交通機関の縮小)ということでは,新幹線(及びその札幌延伸)の経済波及効果と称して(道南,道央以外の)道内に示しているのは,いかにも詐欺的です。というより,

巷で言われる(道南,道央以外への)「新幹線の波及効果」なるものを真に受ける方があまりにおめでたい

といわれても仕方ない,ということでしょうか。

ちなみに,北海道新聞さん,この記事は宗谷版にでていましたが,全道版にはありません。なるほど。宗谷線の特急が札幌に来ようが来まいが,札幌圏には関係ありませんか。さらには札幌一極集中が進んで新幹線ルートから外れた地方部が衰退してもなんのその,新幹線が札幌に来ればめでたしめでたし,としか考えていないのであれば,大好きな「札幌」でも冠にして,

「札幌都新聞」

とかにでも改称した方がよろしいのでは?

謝辞

今回,もものために,いろいろな方にお世話になりました。

酸素ハウスの会社さん。日曜日にいきなり,今から行くから15分以内に用意してくれ,と無理難題を言っても,急いで用意します,と気持ちよく準備してくれました。でも,結局,使えませんでした。きれいなままですので,そのままお返しします。次の子たちに,役立ててください。

宮前平駅前から乗ったタクシーの運転手さん。ご自身も,18年生きたペットのわんちゃんを亡くされた経験の持ち主ということで,事情を話したら,羽田空港まで信じられないスピードでぶっとばしてくれました。空港で,「こちらこそ,ありがとうございました。少しでもお役に立てて光栄です。」と,逆にお礼されてしまいました。でも,あんなに急いで頂いたのに,結局,間に合いませんでした。飛行機が離陸してすぐのころに,ももは息を引き取ったそうです。ただ,運転手さんがおっしゃっていた通り,人間がいろいろやっても,本人がそれを望んでいるのか,余計に苦しい思いをさせているだけではないか。そうですよね。難しいですよね。

旭川のペット斎場さん。動物も人間も,命あるもの。家族として,こころのこもったお見送りをしていただきました。別に豪華絢爛な祭壇があるわけでもなく,ペット業者と提携しているわけでもなく,質素な焼香台と石像があるだけですが,「お参りしてあげて下さい」という一言に,家族に対する暖かいお心遣いを感じました。細かいところは拾いきれませんから,最後は「スコップ」の登場をお願いしましたが,やはり,ご家族の中には,そういうものでお骨を拾う,ということに抵抗を示す方もいらっしゃるようで,こちらからお願いして,初めて持ち出してくれました。そういうお心遣いもありがたいところです。ただ,ももの体です。全部持ち帰ります,骨のひとかけらも残してなるものか,と頑張っていたら,気が済むまで,全て,拾わせてくれました。一方,時間が区切られていて,それでは,この辺で,と「ちりとり」様の道具を持ち出してさっさと終わり,という人間の最後より,よほど「人間的」な扱いをして頂いたように思いました。

大変お世話になりました。ももは旅立ちましたが,皆様のご厚情は,決して忘れません。

改めまして,深く,御礼申し上げます。

うちの家族が,今日,旅立ちました。

うちの家族が,今日,旅立ちました。

 

2003年に,ひょっこりとうちのかみさんの実家の庭に現れた迷い子猫が,ひょんなことから,我が家の家族となり,千葉にいるときも,北海道に来てからも,かみさんと3人6脚,楽しいときもつらいときも一緒に頑張ってきましたが,今日,ついに,逝ってしまいました。

13歳とちょうど。最初は手のひらに乗るくらいの小さな体でしたが,よく食べてよく寝て,みるみるご立派な体格になりました。ここ何日かは,弱くなって呼吸が出来なくなり全身で息をしていましたが,苦しくとも,食べものを食べられなくても,最後の最後まで心臓を動かし続け,命の炎の燃え尽きるその瞬間まで精一杯生きた,立派な最期でした。

苦しかったね。大嫌いな車にのせて,病院に連れて行ったり,酸素ハウスも,札幌の代理店が休みで横浜まで取りに行ったんだけど,ももちゃんが息を引き取ったときは空の上,間に合わなかったね。結局,何もしてあげられず,役立たずな飼い主でした。本当にごめんなさい。

そちらは,暖かいかな?ずいぶんと寒がりだったからね。一人がけソファーとストーブの上の定位置は,とっておくよ。そして,これからは,もう,留守番でさみしい思いをさせなくてすむね。

ももちゃん,本当にたくさんの楽しい思い出をありがとう。そして,いつか,われわれも,そちらの世界に行って,再会できることを楽しみに,しばしのお別れです。

合掌

In Loving Memory of Our Beloved Family Member

Momo Furui

who was born in May 2003 and always with us, and fell asleep on

May 22nd 2016

 

ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country. — John F. Kennedy

裁判所での期日の帰り,だいたいこのようなところを4時間以上かけて帰ってくるのですが,まだ夏場は走りやすいので楽です。一般道で,天塩川を渡る大きな橋の一つですが,なかなか,通り過ぎる車の振動と,牧草地のにおいとのアンバランスは,不思議な空間です。

消費税増税延期法案?ですが,単純に,税金を払わなければ,国のサービスは受けられません。つまり,税負担の問題は,公共機能の質と量に直結します。

牛しかいないのに道路って必要?,

学校も病院も保育園も,地方に必要?,

ガキ(将来世代)の社会保障?,知ったことないよ。

ってことかしら?

ということを赤裸々に,というか,正々堂々示して,国民の多数が賛同して,そう選択したのであれば,しかたがありません,地方住民も,現実を受け入れて覚悟を決める必要があるかもしれません。実際,気の利いた高齢者は,引退すると,札幌に一目散です。札幌以外の道内は人口が減り,札幌では,高齢者が増える仕組みですが,公共交通機関も医療も,都市部に集中ですから,ある意味仕方ありません。

(JR北海道が大好きな)「選択と集中」と同じことですが,税負担ができないのであれば,「選択と集中」しなければ,破綻があるのみです。JR北海道の再生委員会の先生方は,「選択と集中」を公言してはばかりませんが,政治の場で,「選択と集中」が真正面から議論されることは,あまりありません。不用意に「現実」を口走れば,大バッシングの嵐です。

よく言われる,高福祉高負担,中福祉中負担,つまり,税負担と国の機能は不可分一体です。税負担軽減の話は,「選択と集中」を伴わなければ,ただの無責任です。聞き心地のよいことばかり言っていないで,サラリーマンの給料が増えないので,地方なんか切り捨て,将来世代へのつけを先送りしませんか,というのが,我が党の考え方です,と,「最高機関たる国会」で,堂々と「選択と集中」を主張し,国民の審判をあおぐべきです。

「行政の無駄」とか「国民負担を求める前に」とか,無責任政党の決まり文句ですが,大騒ぎした「事業仕分け」も「二番でだめなんですか」に象徴される,不見識をさらけ出しただけでおわり,「その前に」論を言うのであれば,「まず」,議員さんはそっせんして議席も歳費も政党交付金も,返上してはどうでしょうか。

国民に示すべきメニューは,「小さい政府」か「大きい政府」か,あるいは,「中くらいの政府」でもいいですが,その現実の選択肢のなかで,どちらかを選んでください,で,選んだ結果については,責任を持ってください,あとで四の五の文句を言わないでください,というくらいの気迫と覚悟で,国民に選択を迫るべきです。

消費税引き上げ延期やむなしの経済状況になったのは政府の責任です,総辞職しなさい,って,いつから日本は計画経済社会になったのでしょうか?

とんちんかんなことを言っている先生方には,ぜひ,冬の吹雪の時期に稚内から名寄に3時間以上かかって救急搬送される(稚内に,対応できる医療設備がないから)患者さんの苦痛を,身をもって体験していただきたいところです。

そういえば,5区の補選で,「市民の,市民の」を連呼した候補者がいましたが,国際政治の現実には無関心,国の安全保障は「くさいものには蓋」,が「市民」というのであれば,「市民」も相当馬鹿にされたものです。