何年に一度の低気圧の影響で,稚内市に通じる道路は,通行止めです。つまり,何年かに一度は稚内は陸の孤島になる計算になります。一票の格差の是正も結構ですが,地方の選挙区の議員定数が減る一方,議員定数の東京一極集中が加速して,「全国民の代表者」である首都圏選出の先生方が増えると,そういう先生方は,地方の現実をご存じなんでしょうか。

本日,

道路通行止め情報

国道238号線宗谷岬~猿払村

国道40号(朝日~豊富町)
市道声問更喜苫内線(声問ミルクロード 国道40号交点~養護学校付近)
市道声問1号線(声問ミルクロード 声問大沼通線~白鳥大橋~道道稚内幌延線交点)
市道富岡23号通(富岡5丁目25番地先~声問更喜苫内線)

国道238号(声問~宗谷岬)

は、吹雪のため通行止めとなりました。
また、道道121号稚内幌延線(声問~沼川)は、吹雪のため15時00分から通行止めとなります。

つまり,稚内市は,「ほとんど」陸の孤島です。

市内の路線バスも全部運休で,車の運転も危ういので,当事務所は,午後から「休業」です。

宗谷本線は動いています。でも【運転見合わせになったようです。】,1日10本あるかないかの列車は,3月末から,さらに減ります。単純に,新幹線が出来るから,です。

営業係数やら,紙面上の理屈で鉄路がなくなると,困るんです。道内のニュースは,新幹線が開業することの引き替えの代償に,全く触れません。よほど札幌の経済界が恐ろしいのか,開業ムードに水を差す,とか言われると,売上げに響くのでしょう。

常識的に,700キロ向こうに新幹線が来ても,「波及効果」など,何もありません。ただ,なぜか,列車の本数が減り,特急列車で車内販売がなくなり,枕木は代えてもらえず,天塩中川と幌延の保線要員は撤収して,100キロ以上,宗谷線は保線要員なしの区間になります。北海道新幹線開業の「おかげ」だそうです。

昼に稚内をでた「サロベツ」が,南稚内と抜海の間で4時間以上も立ち往生(抜海駅のポイントが変わらなくなったそうで。),その間,線路に雪が降り積もって稚内から除雪車を出す,事態になっているそうです(でも,たしか,冬場は,抜海駅に保安要員さんがいらっしゃるような気もするのですが。)。新幹線のポイントは,暖めたり,エアジェットで氷を吹き飛ばしたり,新技術てんこ盛りだそうですが,ポイントが動かなくなると困るのは新幹線も「サロベツ」も変わりません。「新幹線が優先」では,東京(札幌)一極集中と変わりません(というか,JRさんは,「選択と集中」という考えを,儲かる都会と新幹線に集中,でいい,ことを意味すると誤解されているようです。)。

人も,仕事も,国会議員も,放っておけば,どんどん東京(道内では,札幌)一極集中。

東京で政策考えている人や裁判所で理屈ばっかりこねている人は,地方で何が起きているか,本当のところ,わかっているんでしょうか。

D71_255601

たとえば,今日,心疾患の急患が発生したら,ドクターヘリも着陸は難しいでしょう。

循環器の常勤医がいる都市部に住んでいて,「陸の孤島」で生活したことのない先生方に,地方の問題に取りくんで頂けることは期待できませんし,「東京一極集中」が進めば事態はさらに悪化します。

 

稚内発の特急,指定席はがらがらなのに,なぜか稚内から席がないお客さんが続出。「外人買い」で割を食う日本人の旅行客かと思いきや,結局,外国人は全くの濡れ衣だった件。

筆者は仕事の関係で,旭川や札幌に出る機会が多く,特に,旭川に出る場合には,都市間バスの便がないため,JRを使います。しかし,ぎりぎりまで切符を手配しないと,スーパー宗谷が満席で,愕然とするという事態が,最近増えました。

先だっての車掌さんの説明によると,なんでも,最近では,外国人観光客が, JAPAN RAIL PASSを使って,とりあえず,指定だけしておいて,キャンセルしないで放っておくことも多く(乗り放題だと,そういうこともできるみたいです。),そうすると,車掌さんとしても,一見空席となっている指定席車両にお客さんを案内することもできないそうです。

ホテルの予約でも同じような話がありました。仕事で札幌や旭川のホテルを利用せざるを得ない人が泊まるホテルと外国人観光客がお好きなホテルがバッティングすることがおおく,大迷惑を被るのですが,ホテル業界の方は,1回あたり一人が予約できる部屋数を限るとか,キャンセルチャージが発生する期間を前倒しするとかの対策をとっていただいているようです。JRさんはというと,車掌さんがそう乗客に説明しているくらいですから,どうなのでしょうか。

飛行機みたいに何日か前にリコンファームとか,チェックイン手続のあとは,キャンセル待ちを受け付けるとか,(最近は,首都圏の鉄道ではあるらしいですが)指定席の発売状況を車掌さんにも知らせるタブレットとか,そういうものがあればよいのかもしれません。

ただ,実は,士別辺りから1両の半分を埋め尽くすほどの団体客が押し寄せて,結局,外国人云々は,全くの濡れ衣だった,などということもありますが,スーパー宗谷は札幌~稚内間が5時間にわたる長旅です。それだけでも乗客にとってはすこぶる苦痛,ストレスですが,稚内からの乗客としては,たとえば,旭川~深川間(わずか,15分程度ですが)に乗ろうという人が先に指定を押さえてしまえば,稚内から札幌に行こうという乗客は,その席には座れないことになります(旭川に行こうという場合であれば,事前に指定をとれば,とりあえず,旭川までは指定席で行けそうですが。)。とにかく早い者勝ちの冷酷なルールです。

士別にしろ名寄にしろ,札幌まで2時間弱(しかも,ちょっと旭川まで出ていただければ,1時間に一本の札幌までのシャトル便特急のある)ですから,一方で,稚内から乗った人が5時間立たなければならないのは,どうにも釈然としません。

むかしは,途中駅で一部車両を連結,切り離しとか,普通でした。柔軟に車両の編成をいじれるのがディーゼル車の特徴だったはずですが,結局,問題は,外人買いではなく,JRさんのやる気の問題であるわけです。

D81_278801

北海道の冬の風景は,寒さが厳しいときの方が,美しさがシャープです。マイナス20度の環境はいささかクレイジーの感ありですが,ごく普通のありふれた風景が,なぜか,絵になります。

稚内も,今日は最高気温が6度(当然,プラス)で,明日は,一転,マイナス6度の予報がでています。

隣の家の,とか,駐車場に車を止めておいたら,とか,つまり,屋根から雪が落ちて車の屋根がへこんだ,石油タンクがへこんだ,壁がへこんだ,など,落雪した屋根(家)の持ち主や管理者に損害賠償請求したい,という相談が必ず年に何件はあるのですが,実際自分で屋根の雪下ろしをしてみないと「あれ」が実際,どのくらいの重量感か,実感がわかないものです。

年明けから降り続く雪の影響で,筆者の家の屋根も巨大な雪庇が張り出しており,今日の「高温」予報を前に,あれが落ちたら大変なことになる予感がしたもので,祝日のうちに何とかしようと屋根に上って雪下ろし作業を行いました(というほど大げさなことではなく,ベランダから無落雪の平屋根に積もった雪を,最低限,落ちそうなところを排除した,という程度ですが。)。おかげで,2日たっても,腕に力が入りません。スコップ一杯でも,まともに入れて持ち上げるとよろけて立ち上がるのも難しい有様です。

ぎっくり腰にでもなったら大変なので,それ以上は業者にお願いしてしまいましたが,あれほどの重量を支える屋根もたいしたものです。同様に,あれが地面に落下したら,その衝撃を考えるとぞっとしますが,当事者になってみないとわからない雪国の事情です。

止別160212-2-2

これから春にかけて,気温が上がってくると、雪崩の心配もあり,道路は雪がとけてぐちゃぐちゃになり,くつも車も泥まみれ,春は「汚れ」る季節でもあります。