旭川~深川間のトンネル不通で,宗谷線の特急は,サロベツとスーパー宗谷(1本だけ)の旭川・稚内の部分運転。

少しは,「運転しよう」という気になったのか,年末年始の多客期で,「ので,運休します」だけでは世間様に申し訳が立たないからか,がんばって運転できるところは運転を維持しているようです。

しかし,丸2日たっても,運転再開できない,というところ,まあ,仕方がないのかも,という感じです。

勇知踏切2

寒冷地での鉄路の維持,そりゃ大変でしょう。

頑張ってください。

 

今日は,稚内周辺,最高気温がマイナス6度の真冬日。明日の最高気温はマイナス7度の予想で,風がふくと体感的には極寒です。

こういう日は,必ずと言っていいほど,軽い雪が風に飛ばされて,いわゆる「地吹雪」になります。

これで,雪が強いと,「ホワイトアウト」になって前後左右が真っ白になったり,吹き溜まりにつっこんで事故になったりしますが,幸い,雪自体はそれほどの分量ではないので,移動にも支障はありません。

ただ,レンタカーの旅行者は難渋しているようです。

「わ」ナンバーで,どこからか,鉄道写真を撮りに来られたおじさんですが,1日8往復そこそこの宗谷本線のダイヤをお調べになっていないようで,(酷寒の中をせっかく待っていて成果がないのでは)お気の毒と思い,直近の通過列車の時間を教えて差し上げましたら,その辺をうろうろして,ひとしきり,シャッターを切って,そそくさと移動されていきました。

が,そこから,稚内方面の海岸道路は,しばらくの地吹雪で,前方と側方が見えにくい区間が続いていましたので,おそらく危険と感じたのでしょうか,そのおじさん(の車)は,車道の真ん中で駐車(退避)されていました。たぶん,その程度の地吹雪では,地元のドライバーは平然と高速道路並みの猛スピードでぶっ飛ばしているとは思いもよらなかったのかもしれませんが,最近のスタッドレスタイヤはそれなりにグリップ力があるとはいえ,圧雪路面で突然回避行動をとるのはすこぶる危険ですので,できれば,路肩によって(もちろん,「真っ白」状態では,慣れないと,路肩に寄るのは難しいですが。),ハザードくらいつけて,停車してほしいものです。

勇知跨線橋151226

スカイライナーの待ち時間,何十年かぶりに行った,上野公園。

北海道的視覚になれていると,なかなか趣があるように見えます(本当は,もう少し,月が大きいとよかったんですが。)。

上野公園20151222-01

浜頓別のオオワシ,今年は渡ってくる数が「少ない」そうですが・・・

札幌ナンバーのカメラマンさんに言わせると,「暖冬のせいかも」らしいです。

とはいえ,日の出の頃には,けっこう止まっていたようにみえましたが,例年は,どんなかずなんでしょうか。

オオワシの森20151212-01

近くのウソタンナイ川のサケ(マス?)の遡上。

こちらは,川を埋め尽くしています。

ウソタンナイ20151212-01

強烈な数です。

旭山動物園のさる山,今日は朝から雪が降り続く受難。

旭山動物園のサル山,ここのサルたちには,(函館の熱帯植物園の幸福なサル氏らとは違い)温泉のサービスはありません。

見るからに寒そうですが,サル山の中をのぞくと,そこかしこで,皆さん,まとまって,お互いに暖を取っています。

ただ,旭山動物園,「行動展示」(?)というせいか,そういうわりには,と言うべきか,いささか,フェンスが多いように思います。フェンス越しに見るかたちが多くなる,ということですが,ファインダーの中では,動物を撮影しているのか,フェンスを撮影しているのか,わからなくなります。