事故,不祥事が起きますと,「安全」「公正」に対する社会の「信頼」を害した,けしからん,の大合唱ですが,その場合の「信頼」とは,あやうい「安全神話」への過信と紙一重です。

日本を代表する企業(企業グループ)の会計不祥事について,当該企業のみならず,日本企業全体の企業統治や証券市場の公正に対する「信頼」を害するものであるという批判はもっともらしく聞こえますし,当の当事者は,そう責め立てられても,何とも返す言葉はないでしょう。

筆者の生活の範囲では,そのような日本を代表するような企業体がかかわることはありませんが(せいぜい,製造後10年以上たった当該社製の我が家の電子レンジの調子が,すこぶる快調で,さすがはメイドインジャパン,と驚くばかり,ということだけです。),稚内の駅では,鉄道事業者としてお客様の信頼を害して・・・という掲示が今でも貼ってあり,そうもうるさく「信頼を・・・」と言われると,むしろ,

正直,「そんなに過度な期待は持っておりませんが・・・」と,思ってしまうのは,筆者だけでしょうか。

しょせんは,不完全であるところの人間の行動やその人間が作った製品やシステムが,完全である(絶対に,事故や不祥事が発生しない)ことを期待する,期待できる,というのは,ある種の「安全神話」,幻想に思えます。故に,事故や不祥事が発生すると,必ず巻き起こる,期待が裏切られた,「信頼が害された」の大合唱は,「神話」「幻想」である現実を突きつけられ周章狼狽しているようにしか見えません。

ちなみに,筆者は,もちろん,飛行機も鉄道も長距離バスも,使いますし,調子が悪ければ,病院にも行きます。クールに評価して,何にお金を払うのか,と言えば,スピード(時間短縮の効果)であったり,労力の省略の効果(自分で運転しなくていい,居眠りができる)であったり,病気の症状が改善される効果であったり,しますが,安全であることは,それに対価を払う対象(便益),というよりも,コスト(移動方法のメリットが,それを使うことの危険(リスク)に見合う(上回る)か,という意味での考慮対象。)的要素です。

交通機関も証券市場も,「安全」「公正」であること,そうであるという「信頼」は,何の担保もありません。しょせん,人間のやることですから,事故も不祥事もあります,だから,「それは起こりうる」前提で,そのコスト(リスク)を負っても,やっぱりスピード重視なのであれば,当該システムを使えばいいし,それでもやっぱり配当利益や売却益が欲しいのであれば,証券会社に行けばいいし,それがいやなら株などに手を出さないことです。そもそも,筆者は,巨大で複雑な現代社会のシステムが「安全」「公正」であると信頼できるほど,その内容に詳しくありませんし,それを動かしている人を知りもしません。

筆者も,むかしは,「情報開示が不完全であれば自己責任を問う前提を欠く」とか,「そんなリスクがあるとは,普通,思わないでしょう。」とか,わかったようなえらそうなことを言っていた一時期がありましたが,なぜ,「普通,思わない」のか,「それは起こりうる」前提でフェアーに考えれば,ある種の「割り切り」以外のなにものでもありません。なにせ,ここ北海道は,自分の方は青信号でも,交差点では横から時速100キロ超のスピードで突っ込んでくることがあり得る世界です。そういう世界で生活するには,そんなことは普通起きない(レアケースだ)と割り切るか,あるいは,絶対に起きないとは言えない(という危険な世界に,身を置いている現実がある),と腹をくくるかしませんと,車は運転できませんし,生活も成り立ちません。

絶対あり得ないことがおきた,けしからん,と怒りの鉄拳を振り回したり,責任追及に走ったりするのではなく,起こりうることは起こりうるという当然の事態に対して,社会が個人が日頃からどう備えておくか,が重要でしょう。

別に台風でも,50年に一度の記録的大雨でもありませんが,「大雨が降っているので休みます」JR宗谷線

稚内市の防災メールを見たところ,今日は,夕方の特急は,下りが全休,上りのスーパー宗谷4号と昼間の「サロベツ」は,名寄以北が運休で,なぜか,サロベツだけバスで代行,ということなのですが,当然のことながら,普通列車は,「全休」です。

つまり,遠出をしない限り,稚内市民はあまり気づきませんが(JR北海道のホームページやら,市の防災メールをこまめにチェックしている物好きは別として),昼くらいから,鉄道は「全滅」状態でした。今日の夕方の特急で,明日の予定のために札幌(旭川)入りするはずだった人は,大迷惑です。

別に,台風が来ているわけでも,50年に一度の記録的大雨でも,活発な梅雨前線の影響でも,震度5強の地震でも,猛暑日の影響でもありません。

「大雨が降ってますので」運休です。

宗谷地方は夜から雨が降り続いていますが,別に,道路が冠水したり,裏山で土石流が発生したり,小学校が休校したり,しているわけではありません。

普通の雨降りです。

たしか,北海道新幹線の開業は来年ですが,JR北海道さんには,ぜひ,安全のため,「雨降り」には新幹線を運休にしていただきたいものです。

宗谷フットパスを歩いてみました。

宗谷フットパスは,宗谷岬から宗谷公園に至る全長11キロのルートですが,ちょっと歩いてみました。といっても,宗谷岬牧場からユーラスエナジーまでの,たった,1キロほどですが,この辺は,宗谷丘陵に広がる広大な牧場が広がり,57基もあるそうですが,風力発電の風車がまわっています。

どうも,朝方に牧草地に放たれて,夕方に,牛舎にお戻りのようで,時間になると,一目散に,どこへともなく去っていきます。

一方,風力発電。

風力発電20150708-1

最近,道内ではいろいろなところで見かけるようになりましたが,風の強い(正確には,年間を通じて安定している)ところでは,役に立つようです。

風力発電20150708-02

フットパスからはちょっと離れますが,晴れていますと,宗谷海峡の向こうにサハリンもはっきりと見えます。

黒牛20150708-02

 

むかし,樺太行きの連絡船の桟橋があった北防波堤ドームですが,今は,海上保安庁の新造の巡視船「れぶん」が停泊しています。

稚内周辺は,朝晩は,ストーブを焚いている感じで,かなり冷えております。

駅で,おそらく,バイクで旅をしていらっしゃる若い人が携帯で話をしているのが聞こえまして,何でも,60キロくらい手前のなんとかいう温泉(たぶん,天塩の夕映えの湯ではないかと思われます。)の近くにテントをはって夜を明かしたそうですが,潮風とこの寒さで,

凍えた

そうです。

ただ,日本海でもう,十分なので道東方面はもういい,そうです。

留萌から羽幌,天塩を超えて稚内に至る日本海ルートは,夕方走りますと,水平線に夕陽が沈んでいく様子を眺めながらの優雅なドライブになります。北の方は,低気圧の通り道にあたるため,なかなかきれいに晴れてくれませんが,それでも,たまに雲が切れますと,最北の夕焼けは見事です。ただし,このルート上で日本海の夕焼けをゆっくり楽しむには,特に先を急ぐ理由がない限り,天塩か羽幌辺りでお泊まりの方が無難です。

日本海の夕日

このルートは,札幌方面から稚内方面に直行する場合の最短ルートになります。羽幌を過ぎると交通量も少なくなり(ちなみに,このルート上の最後のセブンイレブンは,羽幌にあります。),基本,海岸線の単調な一本道ですが,バイパスはありませんので何カ所か街中(といっても,信号が1,2機ある程度)を通りますので,眠くならなくて済みます。

が,天塩までの牧場地帯を抜けると,天塩と稚内の間は,文字通り,原野です。シカと,道警さんが,います。