礼文島のレブンアツモリソウ群生地,山の斜面は,「終わってしまいました」そうですが,木道は,開いています。

これまで何度か前を通ったことはありますが,夏休みに礼文島に行きますと,たいてい,開花時期が終わってしまっています。今年は,たまたま6月前に行く機会があり,見に行った次第です。

それでも,斜面の方は既に時期が終わっているとのことで,立ち入り禁止です。

このレブンアツモリソウ,現在は国の特定国内希少種に指定され,24時間の監視のもと柵の中で保護されています。最北の島は,生物多様性の島でもあります。

利尻島で見る利尻山と,礼文島から眺める利尻山と,それぞれ味わいがあります。

久しぶりに稚内が全国ニュースに出たと思いましたら,Y電機の郊外型店舗の閉鎖のニュース,道内では,中標津店とならんで稚内店は,不採算店舗として,閉鎖対象です。

筆者もアマゾンを始め,ネット通販はよく使います。では,よく言われるように,店舗で商品説明を受けてネットで購入しているか,というと,そうでもありません。正直なところ,ネット通販で購入するものは,量販店で商品説明を受ける必要はありません。地方の量販店にはそうした商品はないからです。むしろ,故にネット通販を使うのであり,商品説明は,今はアマゾンや価格コム等のレビューの方がよほど参考になります。どこのメーカーでも作っているものが同じようなもの,つまり,商品説明を頂く必要のないものは,量販店の方が早くて(注文して送ってもらう時間がない。)便利です。

稚内のY電機の印象といえば,狭いひら屋の店内に,パソコンからテレビ,洗濯機,冷蔵庫,エアコンなど,一通りのものがある印象ですが,だからと言って,必要なものがあるわけではありません。都市型の,何フロアーにも別れた店舗と同じようなラインナップを揃えようとしても,しょせん無理でしょう。展示スペースも在庫スペースも,お客さんの層も数も違うわけだし。それにしては,店員の数が多かった印象もあります。

今後のアフターサービスは,(170キロ離れた)名寄店にどうぞ,だそうです。それも随分と顧客をコケにした話ですが,名寄だろうが,札幌だろうが,地方は切り捨てご免の量販店には行きません。地方に必要なのは,極端にいえば,通販を前提とした返金補償や交換(サイズや色違い,あるいは,購入したものがニーズに合いませんでした,という純粋お客様都合による返品ですら,です。),と下取り,送料無料,です。

故に,都市型の量販店のかたちをそのまま地方にもってきても,実績が伸びないのです。

あさの4時に出ないと日帰りが難しい滝上への外出。ようやく満開になった,芝桜です。

東京からでも,札幌からでも,稚内や豊富(サロベツ原野),猿払といったところに来るには,けっこうな時間(と,お金)がかかりますので,都市部にお住まいの方がこの辺で写真を撮ろうとすると,大変なことになります。

一方,稚内は東京からも札幌からも遠い位置にありますが,同じく遠いところにある猿払村などは,当たり前ですが,すぐに行ける距離です。夕陽を撮りに行って日没までねばっても,日帰り可能です。

それがどうした,というほどのことではありますが,通常,どこに出かけるにも,日帰り強行軍(朝4時に出て,夜遅くに帰る,とか。)や泊まりを覚悟しなければならない稚内の住民には,この,すぐ行けます,という「メリット」を生かせるかどうかで,ここでの生活を有意義に出来るかどうかが決まります。

筆者的には,海よりも,こちらの方が好みではあります。

 

 

熊が出ましたそうで。旅行者の皆さんは,念のため,ご注意下さい。

稚内市の防災メール抜粋。

5月20日午後7時頃、道道稚内天塩線の緑6丁目付近(夕陽丘パーキングから500m緑町側)でヒグマが目撃されました。
また、富士見2丁目付近で熊のフンが見つかっています。
付近の方は十分注意してください。

場所は,市内から日本海に抜ける道路て,ちょっとした丘を越えると視界が開けて,利尻山が全面に見えるところで,名前からして,夕陽の名所,しかも,夕方から夜にかけては結構訪れる人も多い,という場所です。人里離れた山奥ではなく,フツーの街中です。

さすがに,北海道です。

台湾の航空会社と旅行代理店御一行様,「送客増は可能」。誠にありがたいのですが,外国からの観光客頼みも過ぎると,最近増え始めた個人客が遠のいてしまうかもしれませんよ,という現実に,配慮して頂けると。。

筆者も最近,関西方面に出張しまして,翌朝関空の近くで仕事があったものですから関空近くのホテルに宿泊しようと思ったところ,ほとんど「満室」で,非常に困りました。 仕事でどうしてもホテルを使わざるを得ないビジネス客などは,あの,「バク宿」に巻き込まれると,さんざんです。

部屋がない,チェックインでえんえん待たされる,シャトルバスは満員(特に,夜遅く空港に着いて,あと少しで,というところであれに遭遇しますと,強烈にテンションが下がります。),朝食会場は長蛇の列(故に,ほとんど,ホテルの朝食はとりません),おまけに,料金は普段の・・・・とかなりますと,疲労感だけが残る最悪の出張になります。

これ,関西だけでなく,道内も,特に,札幌や旭川などは,この「バク宿」の嵐にさらされる位置にあり,ただでさえ予約もとりにくく料金はも高止まり,それが,運の悪いことに,筆者の仕事場でもある,という,観光シーズンは,仕事で行かざるを得ない者にとっては,この上なく憂鬱な時期です。 仕事だけではありません。

筆者も以前よくレジャーで行っていた道東方面のホテルが,ある時期から,館内の廊下が中国人向けと思われる(派手な)赤の塗装で彩られるようになり,館内から聞こえる音声は中国語(と思われる言語)ばかりになり,中華街かと思われる内装に変わってしまい,なにやら温泉につかってゆっくりという気分でもなくなり,それ以後,すっかり足が遠のいてしまいました。

入り客が多いことは歓迎すべきですが,かといって,外国旅行客向けシフトがすぎますと,「宿泊客が外国人ばかりという印象も、国内の客足を遠ざけかねない」という結果になってしまいます。

そういえば,最近はLCCのターミナルは,たぶんどこも,外国語の絶叫が,鳴り響いています。 イヤーマフ(射撃場で装着する用の)は必需品です。

滝の上や東藻琴の芝桜はちょうど今が見頃らしいですが,なにせ片道300キロ以上ありますので,日帰りではちょっときびしいです。そろそろ,礼文島の花も咲く頃です。

サロベツ原野の「お花畑」はまだちょっと先のようですが,とりあえず,きれいな花が咲くのは楽しみです。 花より前に,この辺では牧草地が緑一色になってます。一番草の牧草ロールはもうちょっと先です。 牧草地と宗谷線普通列車 ことしのゴールデンウィーク中にフェリーで利尻・礼文を訪れた観光客の数は,団体客が減って,個人(家族)旅行客が増加傾向,にあるようです。この季節は団体の観光バス(と,バイク)もよく見かけますが,最近,この近辺では,他府県ナンバーの乗用車やキャンピングカーを多く見かけるようになりました(なぜか,所沢ナンバーとか,多摩ナンバーとか,関西では,九州方面のナンバーは,よくいらっしゃっています。)。苫小牧や小樽あたりでフェリーを下りて,ここまで上ってこられるのでしょうけど,そのバイタリティーには,感服いたします。

筆者がフェリーで本州方面に行こうというと,まず,苫小牧まで半日~1日,たぶん,400キロくらいドライブして,そこから,船に揺られて1泊,と考えただけで,

「とても,無理です」

という結論になってしまいます。 まことに,情けない限りです。