この時期,利尻島へのフェリーは1日1往復しかなく,日帰りしようと思えば,朝の6時50分に出て,夜の7時過ぎに戻ります。

2日前までの低気圧の影響で時化た海とはうって変わって,若干波は残っていましたが,そこそこ平和なフェリーです。当然,朝6時50分のフェリーに乗れば,寝てしまいます。気が付けば,本船間もなく鴛泊港に入港いたします,のアナウンスです。 ただ,6時50分(くどいですが)に出て,朝も食べずに(当然のことながら,外洋での波を予想して)出てまいりまして,フェリーターミナルで腹ごしらえをすればいいかと安易に構えていましたところ,何もありません。シーズンオフでは仕方がないかもしれませんが,丸善食堂さんは,昼の間だけの営業です。当然,夜の便で帰るときも,食事処はありません。 相談会を終えて,フェリーターミナル(2時間待ち)の間,ちょっとした雲の切れ目から月が大きく見えました。外気温はマイナス5度の表示ですが,たいして寒さを感じないのは,風がないせいでしょうが,吹雪くと,なかなか大変です。