一発で信用を失うどころか,回復不可能な損害にもなりかねないファックスやメールの誤送信。他人ごとではありませんが,今でも,あまり神経質でない方がいるんですねえ。

近所のお店の方ですが,こんなのがファックスで送られてきたのですが,と,やや慌てた様子で当事務所にかけこんでいらっしゃいました。 よく見ますと,差出人はもちろん,宛先も,そのお店ではありません。ただ,送信先のファックス番号だけは,そのお店のファックス番号でした(当たり前ですが)。

単純なファックスの誤送信ですが,発信者が「ご同業」でしたので,そのお店も驚かれたのだと思い,とりあえず,(推測される)事情をお話しして,まあ,そういうことらしいので,特に心配する必要はないです,といってお帰りいただきました。

内容は事務的なもので,誤送信されても,それほど実害のあるようなものではありませんでしたが,ただ,「誤送信」自体が,感心しません。特に実害がなければいいでしょう,というわけではありませんし。 そういうところ,普通の会社さんのほうが神経質です。

以前,うちで扱っている案件で,相手方の会社さんがファックスを「誤送信」されまして,たまたま,送信先が気の利く方で,お宅宛のファックスがうちに届いてますよ,とご連絡をくださり,慌てて取りに行ったことがありますが,当の送信元の会社さんは,事の次第をお話すると,慌てて,えらい方が,数百キロの道のりを,それこそ「すっ飛んで」こられました。

何か事があると,そのこと自体よりも,その後処理のほうが重要だったりすることが多いものですが,「過ち」にも,敏感に反応して,すぐに必要な対応をされるのは,当たり前だ,と言ってしまえばそうですが,なかなかできることではありません。 いわんや,弁護士の扱う文書の類は,個人情報,信用情報満載の秘密文書で,そもそもファックスで送ることもはばかられる場合が多いものですが(まずは,先方に電話して,今から送りますんで,担当の方がファックス機の前で待っていてください,くらいなことはしても罰は当たりませんが。),その送信元の「ご同業」はといえば,それほど実質的な秘密情報ではなく,すこぶる事務的なものだったから,なのでしょうが, そうですか。失礼しました。 で,終わりでした。

たぶん,メールにしろ,ファックスにしろ,「誤送信」といえば,発信してしまった以上取り返しがつかない,顔面蒼白,で慌てふためく,が通り相場ですが,日常使う送信先としてファックス機に登録してるような宛先でしたので,もし,そのまま放置していれば次回はなかなか厳しいことになるかもしれず,そういう危機感は,あまりないというか,それが普通なんでしょうか。

ちなみに,それ,確かに事務的な内容ですが,当事者の名前が明記されています。 「送信して(言って,やって)しまうと取り返しがつかない」のは,政治の世界ではもっと深刻な事態を招きますが,確かに,ご自身のお考えはお考えとして,ただ,それをあえて今やりますかね(言いますかね)ということで,いらぬ波風を立てる,立った以上,元に戻すことは出ません。あとで,プライベートなすし屋の食事で良好な同盟関係を印象付ける,って言ったって,なにやらわざとらしい演出(指導者のカリスマ性を演出するどこかのお国のこと,言えますかね。)にしか見えませんでしょう。言動の効果について,あえて物議をかもしたいのか,何も起きないとたかをくくっていたのか,あるいは,「思いもよりませんでした」なのか,実際のところはわかりませんが,いずれにしろ,もし,意図的ならば,危険なゲームです。

久しぶりに仕事で礼文島に行ってきました。稚内から往復4時間の船旅ですが,春になりまして,波も風も穏やかです。

春,と言っても,気温は10℃に届かず,桜前線も一向に現れず,東日本で初夏の陽気,などと報道されているのとは大違いです。

礼文島のフェリーターミナルから見た利尻山です。若干,フェリーの先端が入り込んでいますが,筆者は,この礼文島から眺める利尻山は,なかなかいい眺めだと思っています。

吹雪くと,この距離で山が見えなくなってしまうそうです。 弁護士の仕事は都会でも地方でもそれほど変わりませんが,いろいろな切り口の中で,「高齢者」,就中,介護認定や福祉による支援が求められるような高齢者が関係する事案では,実にデリケートな問題が発生します。

以前,報道にもありましたが,高齢者に対する立退請求について,裁判所から送達される文書の意味が分からずに放置しておいたところ,立ち退き請求を認容する判決が確定し,強制執行に至ってしまった,というようなケースです。 民事訴訟は,自ら防禦の機会を放棄した(と認められる)当事者は,不利益を受けても仕方がない,という世界です。一方で,任意で出て行ってくれなければ,強制執行という極端な方法(「強硬手段」)しか残されていない,というのが果たして健全な社会のあり方として妥当なのかどうか,いささか疑問ではあります。

二者対立構造を前提にした裁判の世界だけを考えれば,「執行停止」やら何やら,「強硬手段」に対しては「強硬手段」を,みたいな極端な話になってしまいがちですが,立場を変えれば,アパートの大家さんにだって,わずかな年金と家賃収入だけが生活の糧,という高齢者もいます。家賃を払っていただけない大家さんは,大変お困りになってしまうのも,これまた一方の現実であったりもします。訴訟の意味もわからない高齢者に対し「出て行け」とはけしからん,と声高に言っていれば事足れり,という単純な話でもないのです。

クラシカルな(というか,あえて言うなら,obsoleteな)二者対立構造的紛争処理メカニズムも結構ですが,人口の25パーセントが高齢者,とか言われている昨今ですから,もっと中間的な,というか,マイルドな,というか,社会としての向き合い方,つまり,大家さんのご都合もあり,できれば出て行っていただきたいところ,かといって何のケアーもなく放り出すのはお気の毒,であれば関係各方面が協力して,受け皿を用意しまして,という「多次元的」アプローチもまた,これからの超高齢化社会を見据えれば,重要でしょう。

旭川から北に向かう鉄路です。 鉄道としては,この単線「一本道」だけです。特急サロベツが運休を始めてから,かれこれ1年がたちます。その間,何がどうなっているのかは全くわかりませんが,たしか,去年の1月に運航を停止したボーイング787型機は,半年で運航再開でした。

鉄道と飛行機,ディーゼルエンジン(のパーツ)とリチウムイオンバッテリー,JRと航空会社,事情は違いますが,1年以上も原因追及,再発防止策の実施に時間がかかる,ということの方が,いささか心配です。 さりとて,これ「一本」しか鉄路はありません。安全第一も結構ですが,安全はすべてを犠牲にする,というのは,これまた,営業最優先,安全は二の次と同じくらい,極端な(迷惑な)発想です。安全と利便性,経済性,環境問題への配慮,そうした「多元的」なニーズへのバランスの取れた配慮が求められます。

旭川あたりの大きな都市はともかく,稚内のような地方経済では,次世代への担い手不足が深刻です。本来であれば今日明日にどうにかなってしまうような懸念のない会社でも,経営者や従業員の高齢化や担い手がいない理由で,突然,事業活動が終了してしまう,というケースが後を絶ちません。

おおむかし,筆者が習ったマクロ経済の理論で,もう記憶の彼方に消えかかっていますが,国民所得の拡大=有効需要の創出,物価上昇のコントロール=マネーサプライ,など,当時は,いろいろ解説本も出ていて議論も華やかでしたが,最近,この辺の経済状況を見ていると,こと地方経済においては,そうしたマクロ的な議論の世界とはかけ離れた現象が起きている,という実感があります。

負債も許容範囲,資金繰りにも特に心配があるわけではなく,財務的には,今日明日にどうにかなってしまうような懸念があまりない会社でも,経営者や従業員も高齢化し,事業活動の担い手がいなくなってしまう,極端な話,事業活動に欠くことのできない社長や社員が引退,あるいは入院,極端な場合には,亡くなってしまう,という理由で,突然,事業活動が終了してしまう,というケースが後を絶ちません。

高齢化,人口減少という社会現象(これは,地方に限ったことではないと思いますが)といいますと,どちらかといえば,消費(市場)あるいは労働力(労働人口)の問題としてとらえられがちですが,中小企業経営の現場では,この経営者の高齢化(引退)と世代交代(次の世代への事業の承継と新たな事業,雇用の創出)がうまく進んでいない状況が,深刻な問題です。事態を放置すれば,社会としての経済活動も停滞しますし,雇用も縮小し,人口の都市部への流出も歯止めがかかりません。

いろいろ,公的資金を使った事業再生(事業転換)や企業者支援のプログラムもありますが,立派な事業計画書が必要,では,地方の個人事業の現状では,ハードルが高すぎますし,いかんせん,そうした公的支援の窓口が,「銀行とよくご相談いただいて,事業として成り立つ計画を持ってきてください」では,ただでさえ(都市部に比して)経営環境の厳しい地方の,それも零細,個人事業の芽が育つはずがありません。 この世に出る最低限の栄養を種子に残して,しかも,全部が生き残ることを期待しているわけではなく,当然多くは途中で外敵に食われることを前提に,なるべくたくさんの種を残すことによって,次世代につながる可能性を高めているのが自然界の知恵です。発芽もしていないうちに,いきなり,「(これでは食われてしまいますから)支援できません」と,「芽」をつぶしてしまっては,次の世代が育つはずがありません。

異次元の金融緩和も結構です。しかし,地方の企業家が絶滅して取り返しのつかない事態に至る前に,公的支援でも民間の再生ファンドでも結構ですので,しちめんどくさい話は抜きにして,「そのうちいくつかが,立派に成長して,次の世代(産業)を担っていただいて,その時に,社会に恩を返していただけば結構です。」くらいのおおらかで,現実的な起業や事業承継(創出)支援の枠組みが,特に地方経済の再生には,必要ではないかと思います。

旭川郊外江丹別の「青いチーズ」や小林牧場のブルーチーズは大変美味だし,稚内市内のスーパーあいざわさんで売っているヨーロッパからの輸入ものも,これまたクセになるいいお味なのですが。。。

日本の大手乳業メーカーが市販用チーズの値上げに踏み切っており,その理由は,原料に使っている外国製のナチュラルチーズの高騰がひびいているから,だそうです。 筆者は決してチーズマニアでも,チーズオタクでもなく,チーズについて特に造詣が深いわけではありませんが,「外国のナチュラルチーズを原料」ということは,やはり,日本で「チーズ」といえば,いまだに,いわゆる「プロセスチーズ」,ということなのでしょうか。

「日本でもなじみの深いプロセスチーズは、ナチュラルチーズを1種類または数種類混ぜて加熱し、加工したものです。ナチュラルチーズに含まれていた乳酸菌やカビなどはこの時点で死んでしまいますので、チーズ特有の熟成というものがなく、味が一定で保存性に優れています。」(雪印メグミルクのホームページより。) 「味が一定で保存性」を高めるために,「チーズ特有の熟成というものがない」ものが,日本でいう(多くの)「チーズ」だ,というのは驚きです。「味が一定で保存性に優れている」ことが悪いことだとは申しませんが,だからと言って,熟成プロセスが「ない」というと,結局,食品としてのチーズの幅というか,奥行というか,可能性というか,自分らで狭めてしまっているような気もしますし,それでは,外国の良質なチーズとは到底勝負にならないでしょう。

筆者も,実のところ,以前は,特に,青カビのついた,あの独特の香りは少々苦手で,ちまたで普通に売っている「淡白な」チーズのほうが,むしろ好みに合っていたのですが,最近は,あの「香り」というか,「コク」というか,なにしろ,そうしたクセがたまらなくいとおしく感じられるます。

商品としての「クセ」に対する好みも十人十色,年齢によっても地域によっても変わって当然で,「味が一定で保存性に優れている」だけの製品を十年一日のごとく作り続けて,一方では,生乳の潜在的な発展の可能性を押さえつけて,生乳生産者をdiscourageしていく,というのもやる気のある酪農家に申し訳ないように思います。

北海道では,最近,これまた熟成のない「フレッシュタイプ」のチーズをよく見かけます。これも確かに美味ですが,いささか乱立気味で,もはや「フレッシュチーズ」戦国時代の様相を呈しております。 一方,クセのある商品も,それが好きな人にはとてもとてもいとおしいものです。リスクはありますが,一歩踏み込んで,独特の「クセ」を熟成した商品には,少々の値段は気にしない良質なサポーターが自然とついてくるような気がします。

旭川方面は気温10度を超えているようですが,稚内市内は,春の嵐で吹雪いています。やはり,侮れません。

本州以南では発達した低気圧の影響で気温も急降下,今年最高の雨量を記録,というニュースをお聞きしましたが,こちら稚内でも,「春の嵐」です。ただ,同じ嵐でも雨ではなく,吹雪です。

稚内市内は春の嵐で吹雪いています

せっかく雪解けが進んだのに,この調子です。今日はコートのフードがないと外を歩けません(「傘」とかいう便利な品は,吹雪と強風では,あまり役に立ちません。)。4月ともなりますと「そろそろ夏タイヤに」などとも考えてしまいますが,やはり,GW明けまでは,冬タイヤが欠かせません。

ちなみに,風の音が強くなってきたので外を見ましたら,これは,普通に吹雪です。冬に逆戻りの感じがあります。

冬に逆戻りの稚内市内は吹雪模様。

ちなみに,現在,宗谷地方には,暴風雪警報が出ています。

冬場でしたら,まだ納得がいきますが,春の陽気になってからこうなりますと,なかなかショッキングです。