今週のロータリーでのスピーチから。

お世話になっております。職業奉仕委員長の古井でございます。今月は職業奉仕月間,ということで,ロータリーの「職業奉仕」について,少し,お話したいと思います。 職業奉仕の理念は He profits most who serves best. 最もよく奉仕する者,最も多く報いられるという内容で表されています。これは,アーサー・フレデリック・シェルドンが提唱したもので,職業奉仕はその考え方をそっくりそのままロータリーが受け入れており,他の奉仕団体とは異なった独特の奉仕理念であると言われています。 職業人が自らの事業の継続的発展を願うことは当然であり,企業経営によって利益を得ることは何らやましいことではありません。

ただ,「利益を得る」ことが事業の目的なのか,事業の結果なのか,事業というものをどう考えるかによって,その意味するところは大きく異なってきます。たとえば,利益になるからと言って,違法な行為を行ったり,反道徳的な行為を行ったりしても,一時は儲けになるかも知れませんが,そうした事業のやり方は,決して長続きしません。

すなわち,職業奉仕とは,同時に,高い職業倫理感を求められることを意味します。シェルドンは,事業を継続的に発展させるための企業経営の理念と実践方法を,ロータリーの職業奉仕の理念とこれと表裏をなす高い職業倫理感として提唱したと考えられております。

ロータリアンの職業は,利益を得るための手段ではなく,その職業を通じて社会に奉仕するために存在するのであり,儲けを優先しようとして事業を営むことが,事業に失敗する最大の原因である,というように言われています。

職業奉仕とは,合理的で適正な企業経営方法のことであり,シェルドンの職業奉仕理念に則って企業経営を実践すれば,継続的に最高の利益が得られる,そうした考え方のエッセンスが,まさに,He profits most who serves best.という言葉の中に,凝縮されています。

職業奉仕の実践は顧客の満足度を最優先した事業経営のあり方ですので,必然的に,高い職業倫理が求められます。そして,高い職業倫理観に基づいて地域社会の人に奉仕する,そういう考え方で企業運営を行えば,結果として,最高の利益が得られる,これがロータリーの職業奉仕理念といえます。

ところで,会社法(昔の商法)の時間,法学部の学生は,「会社とは誰の者か」という問いに対して,「会社の所有者は株主です」という内容のことをたたき込まれます。厳密に言えば,「株主」とは「株式」の所有者であり,「株式」とは,会社の所有者たる地位が,均一な細分化された割合的単位をとったもの,と教えられます。経営学的にも,会社は株主のものであるという考え方は,ごく普通の考え方です。そこで,会社経営者は,株主の委任を受けて,株主の利益を最大化するために,善管注意義務を負って働くことが期待されており,もし,株主の期待通りの働きがなければ,簡単にクビになります。

会社は株主のもの,利益(株価)至上主義,この考え方は,もちろん,近代的な会社経営とその基盤である近代資本主義の基礎をなす考え方ですが,その考え方の行き着く先は,どうだったでしょうか。アメリカの話ですが,テキサス州に本社を置く総合エネルギー企業が不正なガスと電力取引によって巨大な利益を上げましたが,結局,不正な株価操作と粉飾決算が内供告発によって表面化することなり,結局,投資家さえも裏切ることとなってしまいました。日本ではというと,時の人ともてはやされた青年実業家が,人為的な株価のコントロールや粉飾決算で実刑を受けたり,あるいは,投資家が某放送局の株の買い占めに際してのインサイダー取引容疑で検挙されたり,と,社員や従業員,地域社会という視点を欠いたこれら経済活動は,結局,職業倫理とも無縁な,長い目で見れば,世の中の支持を受けられない,つまり,profitにもならないし株主のためにもならない,虚業の好例といえます。

一方で,日本的経営感覚 ―― もしかすると,古きよき日本的経営のあり方,になってしまったのかも知れませんが ―― では,むしろ,会社は事業を通じて社員や消費者,地域社会に貢献するものである,というのが一般的ではないでしょうか。すなわち,会社は,社員や顧客,地域社会のために存在する,株主は,会社に必要な事業資金を提供するのであって,社員や顧客が満足すれば,結果として,利益が上がり,株主も配当やキャピタルゲインというかたちで恩恵を受けることになります。

ロータリーの職業奉仕観(理念)も,だいたい,これと同じような考え方です。 話がそれましたが,職業奉仕の原点は職業を通じた社会への奉仕にあり。このことは,有名なピーター・ドラッカーが,企業の目的は,顧客を創造することである,企業とは何かを決めるのは顧客であり,「『われわれは何を売りたいか』ではなく,『顧客は何を買いたいか』を問う。『われわれの製品やサービスにできることはこれである』ではなく,『顧客が価値ありとし,必要とし,求めている満足がこれである』と言う」のが真のマーケティングであり,企業の目的は顧客の欲求の満足である,というドラッカーの哲学とも共通するところがあるように思われます。

そして,同時に,社会への奉仕は,同時に,高い企業倫理をも求められることになります。なぜなら,高い企業倫理観を持つ企業の提供する製品やサービスに高い満足を覚え,すすんでその対価を支払おうとするものであるからです(逆に言えば,いかがわしい会社の製品は買わない,消費者の目は,職業倫理に非常に厳しくなっています。)。

そして,ロータリーでは,その高い企業倫理,について,ロータリーの哲学を端的に表現し,職業奉仕の理念の実行に役立つものとして,四つのテストを提唱しています。そして,第2項(”fair”これは,公平ではなく,公正,と訳すべきところだと思います。)と第3項(”Goodwill”これも,善意,とか,親善の意味です。),第4項(”beneficial”は,ためになる,では何かぴんときませんが,有益な,というニュアンスです。)を見ますと,これぞまさに,職業奉仕の精神,企業倫理のエッセンスと言えます。

Of the things we think, say or do

1) Is it the TRUTH?

2) Is it FAIR to all concerned?

3) Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?

4) Will it be BENEFICIAL to all concerned?

台風の仕業かどうか知りませんが,夕方,事務所のインターネットがダウンしました。

台風の仕業かどうか知りませんが,夕方,事務所のインターネットがダウンしました。電話の方も,ひかり回線なので,アウトでした。台風は,結構,遠くを通過しているはずですが,影響はここまで及ぶものなのか,いささか疑問ですが,NTTの故障情報を見ますと,収容ビルのネットワーク設備が故障したとかなんとか流れていますので,台風とは全く関係ないかも知れません。スマホは問題なく稼働しています。いずれにしろ,結構,厳しい状況です。

最近,auひかりのサービスが開始されたばかりの稚内市ですが,鉄道に引き続いて,通信インフラもか,と,一瞬,凍り付きました。ここでは,インターネットがなければ,業務はアウトです。不思議なことに,役所の電話は通じています。ためしに携帯からかけてみましたらつながりましたので,普通なのは当事務所だけなのかもしれません。ただ,同じく携帯から当事務所に電話をしてみますと,当該地域ではネットワーク設備の故障がどうのこうの,とアナウンスが流れていますので,呼び出し音だけ,という最悪の事態は避けられているようです。 とにかく,こうして無くなってみますと,日頃から,こんな日本の端でも,あたかもあって当然,当然のごとくそこにあるもの,と思っているインフラも,実はそうした事業者さんのすさまじい苦労と努力のたまものである,と今更ながらに,感じざるを得ません。深く,感謝致します。

一方,こちらも台風が原因かどうかは知りませんが,ここ数日,急に寒くなりまして,ついにストーブを焚く事態になりました。暑寒別岳の初冠雪,みたいなニュースはありましたが,特に,利尻山に関してはそうしたニュースもなく,むしろこの辺では,紅葉もまばら,ということで,夏から突然,冬(寒)に突入した感じです。 旭川・稚内の弁護士 ちょっと前ですが,うちの裏山の紅葉状況です。全然,紅葉していません。紅葉しない種類なのか,紅葉の条件が整っていないのか,よくわかりません。しかしながら,朝晩は,結構冷え込んでも,だいたいこんな感じです。これからは,内陸部が20度くらい(もちろん,マイナス)に冷え込んでも,海沿いのこの辺は,せいぜい落ち込んでも10度くらい(当然,マイナス)ですので,比較的,穏やかです。

「安全軽視」などというありきたりなコメントでは解決できません。事業として成り立たない現実を背負った会社の経営と,そうした会社の事業に生活の多くを依存せざるを得ない地域住民のニーズの両立という無理難題を解決するため,なんとか知恵を出すしかないでしょう。

確かに,久方ぶりに宗谷線で都会に出てみますと,北の方では枕木は,字の通り,木製が普通ですが,高速運転区間に入りますと,駅の構内は木製ですが,駅を出まして,よ くよく見ると,ほとんどコンクリート製枕木です。これでも負担がかかれば,少しは線路が広がったりするのかもしれませんが,木製枕木だけの「不採算路線」とは雲泥の違 いのように見えます。 結局,「安全軽視」「連絡体制の不備」みたいな,ありきたりな,当たり前の(報道の人には誠に申し訳ありませんが)指摘で終わってしまいそうな雰囲気です。一時的には騒がれますでしょうが,経営陣を「刷新」して,終わり。そのうち,世間様も忘れるでしょう。 「安全軽視」「連絡体制の不備」は原因なんでしょうか。それもと結果なんでしょうか。

今回,不具合として問題になったのはほとんどが「不採算路線」です。数少ない北海道の「ドル箱路線」ではほとんど問題がありません。 「ほとんど列車が通らないので大丈夫だと思った」「優先順位の高いほうをやっている間に忘れてしまった」 というのは現場の社員さんの言とのことですが,採算の取れる優良路線には,ちゃんと資材も人も投入しているし安全配慮もしているということです。札幌周辺の高架化も,高速化しても踏切事故を防ぐ。だから, 会社として安全軽視しているわけではありません。

一方,「ほとんど列車が通らない」「優先順位(が低い)」不採算路線は,「どうでもいい」のは,単純な安全軽視ではな く,不採算路線軽視,つまり,地方軽視,ということです。 不具合が生じたのは,そうした経営資源の投入を,儲かるドル箱路線に投入したからで,あるいは,本業の鉄道収入よりも実入りのいい駅ビル業に精を出すのは「選択と集中 」の結果です。一企業の経営戦略としては,一概には責められません。ただ,何百億円も経営安定化基金から補助を受ける会社(=当該基金は,それほど高利回りで運用できるんでしょうか。結局,公的な資金が出ているような気もしますが。しかも,結局,独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が100%株主らしいですし。)は,公共的使命も忘れてほしくないものです。

とはいえ,全道の鉄道路線のうち,ほとんどが不採算,という現実では,いくら鉄道建設・運輸施設整備支援機構が100%株主だからといって,赤字の垂れ流しを続けていれば経営陣も経営責任を問われ(これは,「民営化」の一つの成果でしょう。),仕方なく「選択と集中」で生き残りを図ったとしても,無理からぬことではあります。これを「安全軽視」でばっさりやってしまうのは,ある意味無責任,会社側にはお気の毒であるように思います。

結局,長大な不採算路線という事業としては単独では成り立たせるのが難しい現実を背負ったかたちで分割民営化した構造的な問題に行きついてしまいます。魔法使いでもな い限り,無理なものは無理です。それは,現実です。 ただ,地元は,「そいうわけですので,廃線にします。」と言って放り出されることを真剣に危惧しています。「安全軽視だけしからん」,の大合唱の前に,「申し訳ありませんので運休にします。」となって特急サロベツの運転再開のめどすら立っていない現状を見れば,オーバーでも何でもありません。「ほとんど列車が通らないから大丈夫」扱いされようが,ないよりはまし,鉄道がなければ,やはり地方住民の生活や産業は成り立ちません。ですので,なんとか,頑張ってもらうしかありません。

地方では,「安全軽視」とか「連絡不足」とか,「社員の教育云々」とか,そういうありきたりの評論家的コメントや考え方では何ら問題の解決にはならないことは,実は,みなさんよく分かっていて,事態は大変深刻,とはいえ,事業として成り立たな い現実を背負った会社の経営と,そうした会社の事業に生活の多くを依存せざるを得ない地域住民のニーズの両立という無理難題を解決するため,なんとかみんなでがんばりしましょう,というお話が多く聞かれます。

それにしても,そもそも札幌一極集中なんて他人事の札幌の記者さんたちがこの問題をご担当だったら,まあ,そんなことより,札幌目線ではよっぽど重要な,「安全軽視の 企業体質にメス,経営陣刷新へ,次の人事はこれこれ」,が関の山ですかね。これも報道機関の「選択と集中」でしょうか。