「運転再開の目処はたっておりません。他の交通機関をご利用下さい。」の連呼だけでは,利用者は困ってしまいます。

以前,というか,今となっては遠い昔,日本経済も企業も今よりもっと元気だった頃のお話で, 発展途上の某国でのこと,毎朝,汽車に乗るために,地平線の彼方から荷物を頭に載せて老人が駅にやってくる。待合室で,同じく汽車に乗るためにやってきた乗客らと談笑しながら,結局,その日は汽車は来ず,にこやかに,「今日も来ませんでしたね。」と言って,夕方には,また地平線の彼方に去って行く。 当然,当時,それに比べ日本の鉄道は・・・・という話が続いたわけですが,これ,地平線の彼方からやってくるほど国土が広大ではないことを除けば,今の北海道の鉄道事情とあまり変わりありません。

宗谷線では特急停車駅ですら,時間帯によっては無人になる(正確には,有人の時間帯がある)ので,クレームをつける駅員すらおらず,「今日は来ませんでした」は,決して発展途上国の某国のお話ではなくなってしまいました。

全列車をストップしてレールのゆがみを直せ,と,さすがに鶴の一声は強烈ですが,途中駅の抜海で運転打ち切りになってタクシーで終点の稚内まで代行輸送,まではいいとして,次の日の朝,まだ作業が終わってませんので折り返しの稚内・南稚内間は部分運休,運休区間は代行輸送でしかも3時間遅れ,では,たぶん,朝のスーパー宗谷に乗る予定であった人は大変だったでしょう。

代替手段である(なんとか,午後イチに札幌に着ける)都市間バスは6時30分に行ってしまったあとで,次は,8時30分発ですが,到着は,午後の2時30分ころです。それでも何とか午後早いうちに着けますから,ここでバスに「路線変更」するか,そのまま運転再開を待つか,利用者が「自己責任」で判断するしかありません。その8時30分の都市間バスを逃すと,あとは夕方に着くバスしかありませんが,(汽車が動くと思って7時前後に駅に来た人にとっては)あと1時間以内に運転再開される保証はどこにもありませんし,地元民ならともかく,観光客など,その8時30分のバスの存在すら,知らないかも知れません。

たぶん,どう考えてもレールがゆがんだまま列車を走らせるのは論外,誰が考えても止めるのが正解ですが,正解が利用者に優しい選択肢とは限らず,利用者に優しい事業経営であるためには,お客さんに迷惑をかけないことが一番,やむを得ない場合でも,お客さんが困って立ち往生しないように,ケアーしあげないと,全く気の毒です。

いわんや,列車と運転,保線部署と,駅その他の顧客対応の部署との間の連絡不足により,「運転再開の目処はたっておりません。他の交通機関をご利用下さい。」を連呼しているだけでは,利用者にとっては,発展途上の某国とあまり変わりありません。

まあ,「『他の交通機関』に行くか,このまま待つか,どっちにしようか考えるところもあり,運転再開の目処だけでも教えてほしい。」と聞いたら,「わかりませんよ。さっきからそうアナウンスしているでしょ。」と駅員に逆ギレされた筆者の経験からしても,まず無理ですかね。

カナダからシェールガスを輸入,少しは石油でも,LNGでも,とにかく燃料が安く手に入るようになってほしいものです。

カナダからシェールガスを輸入,少しは石油でも,LNGでも,とにかく燃料が安く手に入るようになってほしいものです。

これから冬になりますが,旭川以北の寒冷地だけでなく北海道全域で,冬場は,毎日のように日中は,事務所と自宅と,常に石油ストーブを焚きっぱなしの生活になります。「焚く」とは,端的に言えば,貴重で高価な化石燃料を「燃やしてしまう」こと –  燃やすものだから燃料,と言っても – で,これだけ燃料代が高くなりますと,なにやらお札をストーブで燃やすとは,むかしは,有り余るほどのお金をもって使い道に困るたとえで,「札束でたき火でもしますか。」,などと表現することもありましたが,これほど国も地方も,家計も,財政危機にあえぐ今の日本で,ずいぶんと豪勢(無駄)なことをしているものとつくづく思います。

しかも,ただ燃やして二酸化炭素を放出することが地球の環境に悪影響を及ぼすとなりますと,一層のこと,生活のため(「凍死しないため」というのは,必ずしもオーバーな表現ではありません。)とはいえ,化石燃料をストーブで「燃やしてしまう」ことの抵抗感は高まります。

地球温暖化も大変な事態ですが,このまま原油や天然ガスが高騰し続ければ,寒冷地住民はエネルギー難民です。 一方,放射能,核のゴミ,負の遺産とめっぽう評判の悪い原子力ですが,少しの燃料で莫大なエネルギーを与えてくれる,その使い方さえ誤らなければ,人類(当然のことながら,寒冷地住民も人類の一部です。)の明るい未来を約束してくれる夢のテクノロジーであったはずだと思うのですが,今はとてもそれどころではありません。 国民的コンセンサスとして,原子力の有効利用は不可であるということであれば,せめてカナダ産のシェールガスを含め,供給先が多様化することで,少しは価格交渉力を上げていただいて,寒冷地住民がエネルギー難民となって放り出される前に,なんとか国のエネルギー供給体制を立て直してほしいものです。

そういえば,メタンハイドレードをはじめ,国産エネルギーの方はどうなっているのでしょうか。「採算が取れない」「経済性がない」等々評論家からはボロカスに言われていますが,食糧と同じく,そもそも国民生活の基礎的なエネルギーについて,市場性や採算性の議論を単純に持ち出すべきなのか,疑問です。要は「経済性」と「公共性」のバランスで,80年代以降大流行している民営化,市場原理万能の風潮の下で石油資源が投機の対象となっている今の世界市場のあり方よりは,「国営エネルギー公社」の方がよっぽど健全なように思います。

宗谷線9か所の線路の異常を放置!?ローカル線で本数も少ないし,列車ものんびりゆっくりなんで,「まあ,いいか。」と放っておかれた,と思うとぞっとします。

JR北海道によりますと,レールに異常があった場所97か所で,宗谷線や函館線などの本線で49カ所、駅構内などで擦れ違ったり一時待避したりする「副本線」では48カ所見つかり,レールの幅が広がったり、左右のレールの高さが基準以上にずれたりしていたそうです。函館線は,列車の本数も多いし,本州との間の長大な貨物列車(今回脱線したのもこれだと思いますが。)などの重量級も多く,レールへの負担も大きいことも原因の一つではないかとも思いますが,宗谷線9か所の線路の異常を放置(しかも,放置されていたのは美深から先の,非高速化区間。),については,ローカル線で本数も少ないし,列車ものんびりゆっくりなんで,「まあ,いいか。」と放っておかれた,と思うとぞっとします。

一方,石勝線など,高速運転する区間では,異常はないそうです。こちら,きっちり点検,補修しているからでしょう。札幌と道東(帯広,釧路方面)を結ぶ大動脈,トラブルが起きたら大変だから,かもしれません。

(毎日新聞から)

これを見ると,宗谷線の名寄以北は,真っ赤っか,ですねえ。「後回し」路線の典型です。すでに修正済み,ということのようですが,この件に関しては,何か所か線路がちょっと歪んでいた,という問題ではなく,明らかに,地方線(不採算線,ローカル線)には人も金もそのほかの経営資源も投下しない,「後回し」しても問題ない,というJR北海道さんの「経営方針」のあらわれであり,実に「わかりやすい」幹線偏重(都市部偏重)路線です。関係自治体さんは,何の声も上げないのでしょうか。

 

そろそろ,新そばのシーズンではないかということで,片道3時間のドライブで幌加内に行ってまいりました。

新そば祭りの際は,ちょうど仕事の準備でパニクッておりましてようやく,といいますか,これまで後回しにしておりましたすべての案件のDUEがどっと押し寄せてまいりまして結構顔面蒼白なのですが,とりあえず,1日,お休みをいただいて,片道3時間のドライブで幌加内に行ってまいりました。

南の方(旭川方面。稚内から見ますと,日本全国が南方にあることになります。)はそうとう雲行きが怪しそうでしたが,あまり降っていないようでした。

3連休だからか,シーズンだからかわかりませんが,旭川方面から,あるは札幌方面からと思われるお客人で結構混んでます。常陸秋そばの本場,金砂郷もシーズンになりますと,県外ナンバーの車がどっと押し寄せますが,さすがに北海道は広く,旭川から来ても,札幌から来ても,稚内から行っても,同一「道内」です。なぜかつゆ入れにフォーカスがあたってしまいましたが,そばの方もばっちりです。

サイドメニューに,と思っていたのですが,「ミニとり天丼」というのがありまして,面白そうに思い(たしか,むかし,そのような裏メニューがあったように記憶していて,たぶんそれだと思い),注文してみました。

たしかに,メニューには,小さく,「とり天タワーのボリュームがどうのこうの」とあって,注意深く読んでいれば,その通りでしたが,よく見れば,そばに乗せるとり天を,ミニ丼に乗せたものです。ミニ「とり天丼」だと思うとえらいことになります。たぶん,1日分のカロリーとして,十分です。

 

 

「刺青お断り」問題,むしろ,なぜ,この国(地域)は,「刺青」についてそういう感じ方,考え方をするのか,丁寧に説明して理解を求める姿勢こそが必要なのではないかと思います。

何でもかんでも外国人の言いなりになるのが,「国際感覚」なんですかね?もっとも,「刺青お断り」の是非については国内にも議論はあるでしょうから,ここでは,「外国人に言われたから」という脈絡です。

国際社会を見渡せば,ある国や地域では当然のことが,他の地域では受け入れなれないことはいくらでもあります。女性が単に顔を出して普通に外を歩くことが宗教上問題,として肌を露出して歩くことが許されない地域もあります。ある国では豚肉は大変美味な食材ですが,別の国では,口にすることはタブーです。ある国では,多くの国民が「文化,権利である」として所有するライフルは,別の国では所定の要件を満たさない限り,立派な犯罪です。ある国では伝統的な食文化を構成するクジラが,一部の国から大変な非難を浴びています。

日本人は,何かと外国人にあれこれいわれるとしゅんとしてしまう,外国コンプレックスがあるようですが,日本は他国(他民族)の伝統文化に対する配慮が足りない,というのは全くのステレオタイプで,むしろ,郷に入れば郷に従え,その土地々々の考え方,感じ方,それが宗教であろうがなかろうが,そうしたものに理解を示し,尊重することが,まずは「国際感覚」の第一歩です。

「刺青」にしても,わが国には,わが国なりの歴史や伝統,文化,そこに住む人間の意識やとらえ方,そうしたもろもろが積もり積もって,「刺青お断り」となっているのであって,これは,日本と日本人,日本文化(あるいは,この小さな島国,あるいはその島国を構成する地域の文化とそこに住む人間)のアイデンティティーを構成するものとして,堂々と主張して何が悪いのか,理解に苦しみます。

それに,あたかも,日本人の国際感覚の欠如のように取り上げるマスコミもマスコミですし,いわんや日本のマイノリティー問題と絡めて持ち出すのは,全くの筋違いです。 「外国の文化に敬意を払い」とは,ご自身の国や民族,文化のもとでは当然であっても,他国(地域,他地域)では受け入れがたいものもある,ということに無頓着な方にも同じことが言えます。理由があってそうしているのであれば,それはその土地,その人の価値観,考え方に基づくもので,堂々と主張すれば結構。何ら後ろめたいことはありません。「オリンピックの際には・・・・」などと言われて,委縮する必要は全くありません。

他民族の文化や他国の国民性に対する理解や寛容と,寛容を相手に強制することは全く違います。強制は,偏狭なナショナリズムと紙一重です。まずは,違いの存在を認め,互いに尊重する,のが国際感覚です。刺青をする文化について,とやかく言うものではありませんが,だからといって,刺青について,それなりの感じ方をもつ,この国の風土,歴史,文化やそれに基づく行動について,とやかく言われたくありません。むしろ,なぜ,この国(地域)は,「刺青」についてそういう感じ方,考え方をするのか,丁寧に説明して理解を求める姿勢の方が,よっぽど「国際的」ではないかと思います。