公共交通機関への「信頼」とは?

JR北海道のトラブルが相次いでいます。もちろん,整備には万全を尽くして頂きたいところですが,ただでさえ,道内の特急列車は,長距離,高速運転,しかも,冬場の過酷な運転環境,と,システムや車体に与える負荷が大きいことは自明です。   人間が作るシステムに完全なものはありません。ただ,そうしたシステムに現代人の生活は依存しているわけで,「運休します」だけでは,社会的機能を果たしたとは言えないのではないでしょうか。特に,札幌-新千歳空港や,札幌-旭川間のような利用者が多く利用者への影響が大きいところ,あるいは,旭川から道北方面のように,代替交通手段に乏しく(冬場,当地から旭川・札幌方面に車で行け,と言われると,ぞっとします。),鉄道システムの機能にその生活基盤の多くを依存している広大な地域をかかえる道内では,単純に,「運休します」ですませてもらっては,正直困るのです(札幌-函館間で高速130キロ運転に対応する車体を使った「北斗」のエンジントラブルの影響で,同型のエンジンを使っている,という理由で「サロベツ」(あれ,夕方の会合には便利なんです。)も運休ですが,「サロベツ」って,そんなに高速運転してましたっけ?)。

要は,事故が起きても困りますが,一方,サービスの提供を停止されても同じように困るので,その辺の兼ね合い,つまり,トラブルが発生した場合にも,顧客に与える影響を最小限に食い止める態勢を作って頂きたい,というのが利用者の「信頼」に応えることではないでしょうか。「安全安全」と何とかの一つ覚えのようにまくし立てる報道もどうかとおもいますが,少なくとも,記者会見開いて,頭を下げられても,それ自体は,あまり意味がないように思いますし,「止めました」で報道の方は満足なのでしょうが,利用者はそうではありません。   何かトラブルがあると,すぐに「運休です」となって移動手段が奪われたり,次の列車(飛行機)に乗れなかったりするのは,システムトラブルによって,取引先のサプライチェーンが寸断されることと同じであり,企業の社会的使命を維持する上での生命線にかかわるゆゆしき事態です。当該列車の運行をストップしても振り替え輸送を行う,当該列車を使っていた乗客(取引先)が,その後の交通機関への乗り継ぎ(業務)に支障が出ないようにすることは,ぜひとも公共交通機関としては,忘れてほしくないところです。

機能を維持するために必要なバッファーとしてきちんと経営資源を割り振る,新幹線だの,札幌周辺の高架化だの,それはそれで大事なんでしょうけど,企業としての信頼確保のために必要な経営資源を割かないのは,公共交通機関としては,異常です。   JR北海道の幹部の方には,いっぺん,首都圏の通勤時間帯に満員電車に乗って頂きたいですね。もし,JRにトラブルがあっても,地下鉄やバスに振り替え輸送が実施される,あのシステムは,是非とも取り入れてほしいところです。

風を読む猫の能力

うちの猫さんは,冬はストーブの上,夏は,和室の段ボールの上,と,ほとんど定位置が決まっているのですが,たとえば,ちょっと窓をあけて涼しい風を入れようとしますと,すぐにその雰囲気を察して,窓際にやってきます。確かに,涼しい風が抜けますと,空気の入れ替わりがあったことはわかりますが,風向きが変わったことを敏感に察して,その方角と距離感,そういったものから,風を読む力は,我が家では,うちの猫さんが一番です。

北の杜法律事務所

ヒト,カネ,情報の集まる都会部と異なり,地方では,何となく,そこに吹く風は,よく言えば,変化もなく安定,悪く言えば,どんより,マンネリというような感じもしなくはないのですが,実は,東京よりも敏感に感じるように思えます。情報量は圧倒的に少なく,かつ偏っているはずですが(東京では,主たる情報源は,インターネットを別にすれば,それなりの全国放送と全国紙ですが,ここでは,地元紙と,北海道ネタが大部分のローカル局が,唯一とは言わないまでも,かなりな部分。気を抜くと,北海道が世界の範囲,札幌が世界の中心に思えてきます。),これは,日本の政治,経済,文化の中心が東京であることの反対相で,しかも,遠いと言えばえらく遠くに位置している当市だからこそ非日常的なものの動きがよく見えるように感じられるのではないかと思います。

今回の参院選の一番のissueは「ねじれ」の解消がどうのこうの,とか,というあたりかもしれませんが,落ち着いて見渡せば,脱原発だけに焦点があたってしまいますが,本来は将来のエネルギー政策をどうするか,こちらもTPPの問題になってしまっていますが,本来は,国の食糧・農業政策の方向性や市場政策,さらに反消費税の問題になってしまっていますが,本来は,財政の健全化と国民の負担の分配,そして,少子高齢化は国全体の人口政策と密接不可分,こうした国の将来の基本的な絵柄を決める重要なagendaが目白押しです。実のところ,このへん,こうした問題は,(東京のような都市部よりも)地方にとって切実な問題ともいえます。

不思議なことに,地方の問題は国の問題,地方の再生は国の再生。地方は国の縮図にもなっており,国政を語るには,地方問題を切り離しては考えられません。一方で,都市問題は,今や,東京ローカルの一「地方」問題です。

旭川のホテルが満室です。

なんとも,よろこばしいところで,旭川のホテルが満室です。
出張もままなりません。

夏場ですので,むりむり,日帰り強行軍もできなくはありませんが,できれば,早朝や夕方に40号線を行ったり来たりは,避けたいので(シカ,に遭遇する危険多発地帯。),悩ましいところです。

とはいえ,入れ込み観光客数が増えているのであれば,実に喜ばしい限りです。旭山動物園だけでなく,もっと北の方にも来て下さい。

北海道内にいる限り気になりませんが,それにしても,お高いのが航空料金です。筆者が子供の頃は,飛行機=エグゼクティブな乗り物,で,その頃に比べれば庶民的な値段ですが,当地から東京に出ようとすると(その逆も),夏場のレートは,4万5000円(片道)くらいです(特割とか,設定がないときもあります。)。

ソウルやハワイに行った方が安い(フィンランドエアーでは,ベルリンやヘルシンキ往復で,6万円弱だそうですから,飛行機運賃だけを基準で考えると,当地はヨーロッパよりも遠いことになります。)ということになりますが,それほどbigな国土を有するわけでもない日本の中で,いささか,信じがたい値段設定ではあります。

確かに,車や,(むかしのような,旭川,岩見沢,函館,と経由して2日がかりで東京にでたころの(東京に行く場合))鉄道の距離感を考えると,

ベルリンより遠い(経済的,心理的には)

というのも,なかなかしびれますが,往復10万円,と考えると,さすがに,ちょっと引いてしまいそうです。シニア割引のきく高年齢者層の観光客に期待しましょう。

先日,出張帰りの汽車で,稚内ご出身で「ハワイ在住」のご婦人(旦那さんは,実に日本語が堪能なアメリカ人)にお会いしました。稚内,といえば,ロシア人かと思いましたが,大昔は,稚内にもアメリカ軍の基地がありました。横須賀や佐世保などと同じく(あちらは,海軍ですが),「ベース」のまちでした。時代はかわり,人は変わりましたが,internationalな要素のある町であることは確かなようです。