会社経営に必要な外部の眼

平成24年の中小企業白書を見ると,中小企業の経営課題として認識されているもののうち,「営業力・販売力の強化」と回答している割合が7割を超えて最も高く,次に回答割合の高いものが「人材の確保・育成」で,中小企業の経営課題の中でも,特に重要なのが販路開拓であることが浮き彫りになっています。

一方で,中小企業庁が2010年11月に企業30,675社を対象に実施したアンケート調査「経営環境実態調査」によれば,中小企業が今まで効果があったと考える中小企業支援施策を見ると,当面の資金繰りや雇用維持,人材確保に関する支援が上位にあり,販路開拓に関する支援の位置付けは低位にあることがわかります。つまり,多様な経営問題の中でも,中小企業にとって,喫緊の課題は,やはり当面の資金繰りや雇用維持等であり,販路開拓といった中長期的に取り組まなくてはならない問題は,必ずしも十分な効果が上がっていない傾向が見られます。

しかし,経営問題は多様であり,当面の問題は当面の問題として,中長期的に取り組むべき問題に対しても着実に取り組まなくては長期的な成長戦略を描くことはできません。

経営課題の解決には,まず,経営者自身が現状を正確に把握することから始まり,そこから明らかになった自社の経営課題に対し,有効な対策を講じることが必要ですが,中小企業経営者共通の悩みは,実は,社内外にそうした問題を常日頃から相談できる適切な人物がいない,ということです。中小企業庁の委託により、(株)野村総合研究所が2011年12月に、中小企業19,437社を対象に実施したアンケート調査「中小企業の経営者の事業判断に関する実態調査」によりますと,中小企業の経営相談の状況は,中小企業経営者の3割強が,定期的な経営相談をしていると回答しているうち,具体的な相談相手は,約7割が「顧問税理士・会計士」,約3割が「経営陣」,3割弱が「家族・親族(利害関係者)」,2割弱が「メインバンク」となっており,日頃から接点の多い,社内外の関係者等が相談相手として選ばれる傾向にあります。つまり,中小企業経営者の実に7割が適切な相談相手を持たず,経営相談ができる環境にある経営者でも,相談相手は,日頃から接点の多い社内外の関係者に限られている,というのが現状です。

確かに,こうした「日頃の接点」には,気軽に聞ける,聞きやすい,話を分かってくれる,等というメリットがあります。経営者としては,そういう身近な存在と相談することで,将来の経営方針について安心を得ることができるのは,精神衛生上,きわめて重要です。しかし,社長の精神衛生だけを考えればいいのであれば会社経営も簡単ですが,それほど事態は単純ではありません。時として,客観的な立場から,クールな眼で,やかましいことも言わなければならない,それが相談を受けたものの使命であり,責任であるわけで,「身近な存在」は,そうしたクールな眼(他人目線)を欠き,正確な現状把握や合理的かつ有効な経営判断という,経営相談に求められる根本的な機能が忘れ去られてしまう可能性が高いと言えます。

われわれのような助言者の立場にある者は,正直,過去に全く接点のなかった企業というのはなかなか状況把握も難しいところではあるのですが,オーナーになかなかものが言えないほど人的関係が密であったり,あるいは,日常的に会社の帳簿や懐具合に接している立場にありますと,「他人目線」ではなく,「自分目線」になったりしてしまう,そうした危険と常に隣り合わせにいます。

同じく24年版中小企業白書によりますと,従業員規模の大きい中小企業ほど,定期的な経営相談を行っている割合が高く,また,従業員規模の大きい企業ほど,経営相談により受ける助言が役に立っていると回答する割合が,高い傾向にあることがわかります。特に,従業員が0~4人の零細企業では,経営相談をしている企業でも,4割強が有効性を見いだせていない状況であり,定期的な経営相談をしている中小企業は,経営相談をしていない中小企業より,増益傾向と回答する割合が高く,減益傾向と回答する割合が低いことが示されています。

人材や資金の豊富な大企業と異なり,こられ経営資源に限りのある中小企業にとっては,社内外の関係者等から定期的に助言を受けることが,安定した事業の継続に有効です。特に,従業員規模の小さい企業については,将来の安定した事業継続のためにも,自社の経営状況や方針について,定期的に,外部の眼による助言を受けることが望ましいと言えます。

稚内フェリーターミナルに出店(ただし,9月いっぱいまで)

 

去年は夏場,新千歳空港にも出ている北海道スープスタンドのお店が出てきて頂けましたが,今年も8月1日から9月いっぱい,出店して頂けるそうです。同時に,6月20日から7月末まで,旭川の梅光軒,8月から9月末までラーメン次郎長,も出店して頂けるそうです。

今のところ,フェリーターミナルの2階は,休憩所しかなく,若干,不便ではあった(というか,あそこにあったイタリアンは,筆者のお気に入りでして,それがなくなって,寂しかった,というのが正確なところ。)のですが,少しでもそういうお店が来て頂けるのはうれしい限りです。特に,スープスタンドさんは,筆者が札幌出張や新千歳乗り継ぎの際には,結構な頻度で立ち寄るお店でして,がっつり系ではありませんが,小腹が空いたときは,非常に便利です。

ことしの観光シーズンですが,いっとき,気温が上がったものの,ここ2,3日は,また肌寒い日が続いています。近隣では,ストーブを焚きました,というところもありましたし,うちの猫さんも,朝方,勝手に毛布の中に入ってきます。冬場は暖房費がかさむ北北海道ですが,当事務所では,今のところ,事務所にクーラーがありません。これでは,クーラーには用はありません。ただし,どこまで「クーラーなし」でもつかは,今後の地球温暖化の進捗度合いによります。

 

 

エスニックジョーク

 

ステレオタイプだ,差別的だ,と批判されることも多いエスニックジョークですが,筆者は,比較的気に入っております。つまり,若干自虐的な臭いもする皮肉も込めた,それで,その「国民性」を笑い飛ばす,というなかに,なにやら,人生やら生活やらに余裕を生み出す秘訣みたいなものがありそうな気がするからです。
 

<様々な民族の人が乗った豪華客船が沈没しかかっており,乗客を海に飛び込ませなければならない,という状況で,乗客を海に飛び込ませるには,なんと言えばいいか。

イタリア人の乗客には:「美女が海で泳いでいます。」

フランス人には:「決して海には飛び込まないで下さい。」

イギリス人には:「こういうときに海に飛び込むのが紳士です。」

ドイツ人には:「規則ですので飛び込んでください。」

アメリカ人には:「今飛び込めばヒーローですよ。」

日本人には:「みなさん飛び込んでいますよ。」

韓国人には:「日本人はもう飛び込んでいますよ。」>
 

最近,特に,Twitterのつぶやきやブログなどが一般的になって,いろいろなところで,そこから端を発する「物議」が多く見られるようになりました。某有名シェフが書き込みをされたことに対して「ぶち切れた」ことで批判されていましたが,確かに,書き込みの是非や経緯はともかく,ぶち切れればぶち切れたことが批判の対象になる。有名人は辛いですが,そうやって世間さまにexposeされることでまたそれが収入アップにつながるわけですから,これも仕方なし。有名人税とはよく言ったものです。「ツイート」の対象となった人はお気の毒ですが,しかし,多少のことは笑って流せるくらいの生活のゆとりがないと,ずいぶんと世知辛いことにはなります。
 

そういえば,どこかの国の偉い人も,FBで元気です。「厳しいが的確(笑)」「語る資格なし」も結構ですが,相手がどうのこうの,より,そもそもそう噛みついているご本人のお立場を考えた方がいいでしょうね。別の国の選挙戦では,Nagative ads花盛りですが,現職の最高指導者が,というのは,「もうちょっと余裕があってもいいのでは?」と思うのは,筆者だけでしょうか。

 

 

 

外国人観光客が押し寄せる歌登のホテル

  「なぜ北海道の歌登にタイ人観光客が大挙しているのか?」(ダイヤモンド・オンライン 4月27日(土))

つい先だっても,仕事で枝幸方面に行きましたので,歌登の近くを通ったのですが,少なくとも海岸線を車で走っている限りでは,別に町中を外国人観光客が歩いているわけでもなく,特にこれと言って目立ったこともありませんでした。

確かに,北海道を4つ(道南,道央,道東と道北)に区切ったときに,道南には函館周辺が,道央は言わずと知れた札幌,小樽,ニセコ等々,道東は釧路から知床,と,メジャーな観光地がひしめいている中で,道北は,旭川周辺の旭山動物園や大雪山周辺,富良野・美瑛と言ったメジャーな観光地は南部に集中し,実のところ,道北の北部は,利尻・礼文を除けば,なにせ遠いし,その割には,「ちょっとしたマイナー感」を感じるのは否めません。

などと言ってはおしかりを受けるかもしれませんが,旅行代理店などに並ぶパンフレットの類を見ても,現実はなかなか厳しいところではあります。   ところが,この「ちょっとしたマイナー感」とか,日本で暮らしていると当然のように思える,ある種の固定観念,イメージに全く無縁で,「おもしろい」「楽し」ければ,日本人的にはマイナーだろうが何だろうが,観光地としての知名度があろうかなかろうか,素直に評価するのが外国人(つまり,グローバル市場)なんだと,改めて思い知らされます。

だからこそ新たなビジネスチャンスも生まれるのですが,もちろん,外国人旅行客をターゲットにする以上,スタンダードも外国人の眼です。たとえば,浅草のお土産屋などでも,日本人がぎょっとするような「Ninja」グッズがよく売れるというのは一例ですが,ターゲットである外国人観光客が「Nihon」を感じて喜ぶものに対するこだわりは,サービス産業としてまさしく基本を踏まえた戦略と言えそうです。

逆に,「●●なんか」と,イメージや固定観念で切り捨ててしまっては,何の成長も発展もあろうはずがありません。「成長戦略」は,本来,怪しげな官製ファンドなどではなく,「素直に評価する」民間の眼によるのでなければ,所詮絵に描いた「矢」です。

ただ,こういう発想は,歌登だからできたのかもしれません。むしろ,メジャーな観光地は,特別に仕掛けを作らなくても,ブランド力だけでお客を呼ぶことができるわけでしょうから,苦労いらず,実に幸せです。うらやましい限りです。他方,火事場のバカぢから,ではないですが,人間,追い込まれたところが知恵の出しどころ,と言う意味で,「マイナー観光地」(また,おしかりを受けそうですが)こそ,innovationの源泉たりえます。

予算はあっても。。。

 

今日の道新の記事ですが,

「公共工事応札ゼロ相次ぐ 帯広,名寄 復興需要で人手不足」
「【帯広、名寄】東日本大震災の復興特需による建設業界の人手不足などを受け,道内の自治体が実施する公共事業の入札で,参加業者が1社もいない『応札ゼロ』のケースが相次いで起きたことが4日分かった。帯広市の新学校給食調理場と名寄市の市民ホールの両建設工事で,北海道建設業協会も「これまでに聞いたことがない」という異例の事態。両市は再入札に向けた作業を進めている。」<北海道新聞6月5日朝刊掲載>
 

報道では,復興需要で人手不足,とありますが,その根っこの問題として,公共事業縮小の流れや高齢化で,次々と事業者が倒産,廃業,撤退したため,結局,建設業界全体がshurinkしてしまっており,人手も不足し,資材の供給能力も追いつかないということが背景にあります。
 

復興と一口に言っても,具体的には,港湾を整備したり,建物を高台に移転したり,防潮堤を新設したり,鉄道線路を改めてひいたり,と個々の建設作業を担うのは,公共工事を担ってきたのと同じ建設業界であり,個々の業者さんであり,職人さんであり,資材であり,重機であるわけです。
 

地方では,都市部と違い,民間の建設需要をそれほど見込めません。いきおい,公共事業の縮小とともに,業界全体や地方経済もしぼんでしまうことになります。「食って」行けなければ,若い人もきません。人口減少や高齢化も進みます。最近では,「公共工事にはもう魅力がない」と言いきる業者さんも現れ,また,北海道特有の事情かも知れませんが,自治体が発注する除雪は,工事需要が減少する冬場の建設業者の仕事ですので,建設業者が少なくなれば,このところ数年続いている「どか雪」にも,対応が難しくなります。除雪ができず,たとえば,公共交通機関がストップする,などの事態になれば,お子さんやお年寄りなど,どうなるのでしょうか。
 

公共工事=無駄使い,の短絡的な,ある意味わかりやすく,選挙(大衆)受けするイメージにのって,それと同じレベルで政策上の意思決定が行われ続けた結果,必要なときに必要な工事ができない(遅れる,支障を来す),のは,社会としてみて,効率的な資源の使い方なんでしょうか。