地域再生について考えること

 

 

東京スター銀行が台湾の銀行にまたまた売却されるそうです。邦銀の不良債権問題に端を発して,小泉政権下でおおはやりした投資ファンドによる邦銀の買収騒動はなんだったのか,それで,邦銀の財務体質がどうなったのか,なにやら釈然としないまま,投資ファンド的には,収益が上がらなければ,放り出して終わり(撤退),です。人頼みでは何も起きないし,こちらの思惑通りになんかならない,一つの例ではありますが,著名な投資ファンドすら手を焼く,それほど邦銀(一部のメガバンクは別でしょうけども。)を含め,我が国の経済体質が病んでいる,ということでしょうか。

 

不良債権問題の中でも,地域金融機関の不良債権処理と地方企業の不振の問題は,中小企業金融円滑化法のおかげで,無事先送り,というか,忘れられてきました。「『3年たっても体質改善できない企業の救済を続ければ,行政の信任を損なう』」(日経)との厳しいご指摘,ごもっともですが,同法にしたがって返済猶予を受けた企業は全国の中小企業の1割弱にあたる30-40万社,経営が改善せず,返済猶予を繰り返す「『不良債権予備軍』は5-6万」(日経)だそうですから,そうした「不良債権予備軍」がセーフティーネットなしで放り出されれば,ただでさえ疲弊している地方経済に与えるショックは「メガ」です。

 

東京目線では政策パッケージとしては有効かもと言われる都道府県の中小企業再生支援協議会も,現場の実態は,メインバンクが責任をとって再生のお膳立てができた案件を持ってきてください,というだけで,そもそも地方金融機関が独力で再生のお膳立てができない地方の「不良債権予備軍」は「門前払い」ですから,全くあてになりません。

 

とはいえ,「天は自らを助る者を助く」,金融機関や行政,なんとか協議会も,しょせんは人頼みで,あてにならないことはこれまでの経験から実証済みです。ところが,「どうにもならない」はずの深刻な問題も,結局,「人による」と思わざるを得ない,誠に不思議な話があります。

 

道内の農作物や食料品のサハリン・極東ロシア方面への輸出はこれまでも言われてきたし,現に行われている経済活動です。ところが,何か次の一手を,と言うと,必ずと言っていいくらい,「保冷設備が」とか,「通関に時間が」とか,「運送コストが」とか,至極もっともらしい理由づけが,「したがって無理です」という結論とともにワンパターンに使われてきました。

 

しかし,サハリンの某スーパーが,設備のない保冷コンテナを自前で用意して解決,時間がかかるといわれた通関手続きも自社社員が行ったらたった一日でOK,便利な小樽からの不定期航路を使って,現地店舗で北海道の農産品を並べたところ,価格は割高なものの大好評,という趣旨の最近の北海道新聞の記事を拝見しますと,「どうにもならない」はずの難題が,ロシア人の若手社員のやる気で「どうにかなってしまう」- 魔法使いでない限り - のであれば,「どうにもならない」のは,人がそうしている,まさに「ならぬは人のなさぬなりけり」と思わざるを得ません。

 

地域再生も,金融機関や行政の「やる気」や一片の法律に「お任せ」では「どうにもならない」というべきでしょう。

 

通信衛星の生みの親,John Pierce博士ですが,人工衛星で反射された電波が宇宙空間を伝搬する強度に関する絶望的な計算結果に,曰く,「なんという計算結果だ。おもしろくなってきたぞ。」。問題がわかったら,それを解決すればいい,さすがは,天才です。ただ,天才だから困難を克服できたのか,問題は解決すべきもので,できないことの理由にしないことが天才との評価につながったのかは,わかりません。

最近のロータリーでのスピーチから

?

 

こんにちは。

当方も,北海道に来まして,4回目の冬を迎えることとなりました。いきなりドカンと冬が来た感じで,まだ冬道の感覚が戻らないのですが,去年,確か,年明け前に屋根の雪下ろしを行ったことを考えますと,まあ,天気にしろ,何にしろ,(平年)「並み」はいいことだ,と思う次第です。

 

さて,最近,吹雪の日に本などを読んで暇つぶしをすることが多かったのですが,その中で,イノベーションには,「若者,よそ者,ばか者」の力が必要だ,という趣旨の本がありました。やはり,人間,経験を積むと,それはそれで経験値が増えて(ロールプレイングゲームではありませんが),いいこともあるのですが,よく比喩される,「船体に牡蠣殻がついて」,という,なかなか,スピード感に欠けたり,機敏な行動ができなかったり,という,マイナス面もあるので,昨今のような,これまでの概念,考え方を変えていかなくてはならないような変革の時代にはむしろ,経験値の少ない「若者」,これまでのやり方を知らない「よそ者」,あるいは,これまでのやり方なんて気にしない「ばか者」の役割が重要だ,そういう趣旨の書物です。

 

確かに日本の経済や有名どころの会社のパフォーマンスを見ますと,過去の成功体験をならい,過去のやり方を踏襲することが優れた(社内融和と安定を目指す無難な?)経営感覚の持ち主だ,評価される社会では,なかなか改革は難しいですよね,ということになりそうです。

 

ちょっと前の話ですが,決して,「ばか者」でも「よそ者」でもないのですが,その行動力というか,「ところで」といっぺん立ち止まって自分を見返してみると,視点が新鮮になる,という意味でこれらに近い,バス会社さんの例です。報道によりますと,なかなかバスの乗客数が増えない,そこで,なぜ町の人がバスを聞かないのか,一軒一軒聞いて回った,という話です。確かに,バスの利用客が少ないことについて,なぜか,ユーザーの視点で語られることが少なかったように思います。たいていは,「自動車の普及」とか,「路線周辺の人口減少」とか,「高齢化」とか,「燃料費の高騰」・・・これは需要減少とは関係ないですかね・・・とか,外的な要因を抽象的に羅列することも多いですが,何か,「お茶を濁す」感がぬぐえません。

 

ちなみに,この,ものごとの理由を「外的要因」に帰せしめる,というのは,例えば,「バブルの崩壊に伴う・・・」,「リーマンショック以後の」,「行き過ぎた円高」,「新興国の台頭」,とかいうような,空虚なきまり文句・・・お役所言葉・・・をどこかで目にされたり,あるいは,ご自身で使われたこともあるかもしれませんが,いずれも,あまり意味のない,というと刺激的ですが,これだと,結局,自分のせいにしてほしくない,というメッセージになるだけで,何かの問題解決つながるようなものは何も引き出せません。

 

実は,「利用者目線」というのは非常に重要でして,弁護士業界も,実は反省しなければならないところなのですが,「弁護士は敷居が高い」とか「なんとなく恐い」というのは,利用者目線が欠けているからかもしれません。

 

実は,先ほどのバス会社の例ですが,なぜバスに乗らないのか,という質問に,乗り方がわからない,整理券って何,とか,そういう基本的な点に関する疑問が結構多かったことに驚かれたそうです。わたくしも,「よそ者」として思うのは,これは旭川のバスの例ですが,バス停に路線図もないし,行き先表示もなし,そのバスが自分の行き場所を通るのかどうか,さっぱりわからない,結局,営業所の窓口に何度か行って,路線図もらって,どこのバス停で何番のバスに乗ればいいのか,教えてもらって,初めてバスを使うことができました。そういう苦労は,地元の人にはわかりません。

 

お客さん,というか,エンドユーザーの視点を考える,というのは,いっぺん,それまでのやり方,考え方をリセットするいい機会ですし,企業にとって,新たなイノベーション,ビジネス拡大のチャンスというべきものです。まあ,耳の痛い話も多いかもしれませんが,たまには,謙虚に,「ばか者」なるのもいいかもしれません。

 

こうなりますと,始末に負えません。

 

 

昨日からの爆弾低気圧ですが,今,北海道の北,サハリンの右あたりにいるそうです。
今シーズン被害にあっている,登別,室蘭方面は今回も暴風が吹き荒れたそうですが,今回は,こちら,道北も結構な風がふきまして,たしか,明け方に,風速36メートルくらいの風になったそうです。

むかし,台風で風速20メートルの風が吹きまして,ベランダの物置が吹き飛んだ(ごろごろ転がった)経験がありますが,30メートルを超える風,というのは,なかなかシビアです。夜が明けましたら,これに,雪が加わりました。当然,前も後ろもさっぱり見えません。

JRは,始発から,旭川までの全線で運転見合わせだそうです。
今日出張で乗る予定だった,都市間バスは,「運休が決まりました」。
空路は,これで降りられるとはおもえないので,今日はお休みでしょう。

本州を出発して当事務所に向かっている宅配は,たぶん,津軽海峡のあたりで,足止めです。

こうなりますと,手に負えません。
だまって,「嵐」が通り過ぎるのを待つしかないですが,文字通り,陸の孤島です。