絶品をいただきました。

札幌からの帰路で立ち寄った砂川の北菓楼さんのカフェでいただきました。

フレンチケーキ

と命名されています。ケーキ仕立てのフレンチトーストのようであり,メイプルシロップ,はちみつ,などをかけて食べることが想定されていますが,タマゴ好きには,何もいりません。黄色のトーストだけで十分です。

最近は,ふわトロ,だとか,半熟とろとろ,だとか,なかなかタマゴを使った料理やスイーツもバリエーションが増えてきましたが,このフレンチトーストは,

 

ぷるぷるふわふわ,しとしと

 

のタマゴと厚切りパンのコラボです。絶品をいただきました。

唯一の問題らしい問題と言えば,注文してから焼き上がってくるまでに若干の時間を要することで,その間,朝のひととき,コーヒーなどをすすりながら,読みかけの新聞などを取り出して読んでおりますと,なにやら,おフランスはパリのカフェのようであります。

その,先日の記事になった,北海道新聞社が実施した2012年4~6月期の経済動向調査によりますと,総合的な企業業績の状況を示す業況判断指数は4・3で、前期(1~3月期)比7・4ポイント上昇,業況判断DIがプラスになるのは5年9カ月ぶりらしいですが,東日本大震災後に生産や消費が落ち込んだことに対する反動増の側面が強く,道内の景気が大幅に改善した結果とは言い難いそうです。業種別では、全7業種のうち、製造業、卸小売業、運輸倉庫業、サービス業の4業種で改善。一方、建設業、電気ガス業、金融証券業の3業種は前期比10ポイント以上の悪化で,建設業や電気ガス業については,なんとなく想像がつきますが,金融証券業,については微妙,たとえば,某HDについては,「一部保有株式」の時価が大幅に下落し,評価損80億円強の減損処理を行ったこと,がその要因らしいです。この「一部保有株式」,一般に,銀行は電力会社の大株主で,持ちつ持たれつ,裏を返せば,何とかの道連れ,こちらも根っこは同じです。

会計上の話だけならよいのですが,これもまた先日のロイターの記事で,アメリカの大手銀行の業績の話ですが,第2・四半期利益は、確かに10行中7行がアナリスト予想を上回ったとはいえ,利益の大半はコスト節減や不良債権コストの低下によって生まれたものであり,本業のもうけが増えたわけではないそうで,こちらもいささか重傷のようです。あるビジネススクールの先生は,「重要なのは、銀行がよりうまく経営するために規模を縮小しなければ ならないという点にある。相互に関連性を持たない事業を包含するユニバーサル銀行であろうとする考えは、捨て去るべきだ」と主張しているそうで,かつて,経営統合による規模の拡大,業種間の垣根を取っ払うユニバーサル・バンキングモデルの追求は,確かに,不良債権の削減とリストラによる管理コストの低下,顧客基盤の拡大に伴う競争力の強化には役に立ったのかもしれませんが,肝心の収益力の改善に結びつかないのでは意味がありません。

本業でしっかり稼いでいただく,これが基本でしょうか。

 

電力の需給逼迫警報が出ると

 

 

 

翌日は宗谷線の名寄~稚内間は運休だそうです。停電すれば踏切や信号機など運行に必要な電力を確保できなくなるため,だそうです。

 

 

しかし,まがりなりにも特急が運転されている区間,稚内市民にとっては,生命線とも言うべき大動脈に対する扱いとしては,あまりにヒドイ話です。

?しかも,代行バスなどは走らせない方針だとか。

 

 

それって,公共交通機関といえるんですかね?

 

 

北海道電力から,停電地域に路線の一部が含まれるとの通知があり,いつ停電になるか分からない状態では踏切や信号機などを安定稼働できない事態が想定されるから,だそうですが,たしか,首都圏では,大手私鉄の路線も計画停電の対象となっていたり,いつ停電になるかわからない状態であったことは同じだと思いますが,一方は,若干の間引き運転,方や,踏切や信号機を動かせないから「運休」というのは,

 

 

宗谷地域(名寄以北)の住民は人にあらず,インフラ整備に値しない

 

 

ということのようであり,まいどのことながら,JRには不愉快な思いをさせられます(国道40号だって,信号はありますが,そっちは「安定的」に稼働できるんでしょうか。)。去年の冬場以来,交通路を確保する使命を果たすために努力をする代わりに,何かあるといけないので,運休します,です。事なかれ主義,の新バージョンでしょう。

 

むかし,ジョークで,

 

 

最高のコンプライアンス(リスク回避)対策は,何もしない(事業を止める)ことです

 

 

と言っていたことがありますが,似たようなことを本気で考える人がいるとは(しかも役所ではなく,「民間企業」で)思いませんでした。どこかの政党が「コンクリートから云々」とのたまっていた時代がありました。おそらく,起案者はこのご時勢にこんな地方があるとは夢にも思わなかったのでしょうが,宗谷地方では,住民の生活も経済も,生命さえも,そのコンクリートと鉄で都市部とつながっていることにより,維持されています。

 

 

 

さて,夏場ならまだしも,もし,冬季までこの調子で電力事情が改善せず,JRが「運休」作戦を続ければ,またまた陸の孤島になってしまう可能性もある当地とは対照的に,新幹線延伸決定,と盛り上がっている札幌圏,稚内にないものがいろいろありますが,夏場のこの時期,筆者は,例によって,その好物の「鰻」を食べに行ってまいりました。シラスウナギが激減し,絶滅のおそれが現実味を帯びている昨今,実に不謹慎な話ですが,好物は好物で,しかたがなく,東京に行っているヒマがないので,札幌に出かけよう,ということといたしました。

 

 

まずは,有名な専門店らしいのですが,結論から言うと,焼きがあまいのか,蒸らしがあまいのか,ふたを開けた瞬間に,あのうなぎ独特の香ばしい香りではなく,いかにも生臭い(誠に失礼な話ではありますが,小職は,これを「ウミヘビ的」と表現します)においが噴出し,一気に食欲が失せました。しかも,注文してから出てくるまでの時間が異常に短い。これじゃ,よっぽど,イオンの真空パックを温めた方がコスパは高そうです。

 

 

 

 

次の店は,前評判の高いところでしたが,鰻をとりまく厳しい現実を改めて思い知るところとなりました。

 

 

 

結局,帰りの汽車の時間までいつものパスタ屋で腹ごしらえをすることとなり,チェーン展開しているファミレスやそういうカジュアルな食事で,特に冒険しないおなじみの味を楽しむのが一番安全と悟るところとなり,JRのことをとやかく言えないところではあります。