今回のテーマは農林漁業の6次産業化です。

 

 

久方ぶりに「崎陽軒」さんのシュウマイを頂きました。

ホタテのうまみたっぷりでなかなか食べ応えがあります。

 

 

「崎陽軒」さんといえば,ご案内の通り,横浜にある老舗のシュウマイやさんで,一方,ここ宗谷はホタテの大産地ですが,この辺のご当地グルメで,その

 

 

ホタテを使った料理,ってなにかあるかしら?

 

 

と考えると,実は,驚くほど頭に浮かびません。もちろん,猿払の道の駅に行きますと,冷凍ホタテのでかいやつや干し貝柱はもちろん,ホタテラーメンとか,ホタテカレーとか,ホタテが入ってますという料理はあります。しかし,

 

 

ホタテを使った料理

 

 

は,「ホタテが入ってます」とは区別すべき,より高次元な商品と理解します。

 

 

ホタテに限らず,たとえば,当地では,東京ではめったにお目にかかれない豪快な「ウニ丼」がありますが,仕組みはごく単純で,ご飯の上に,生ウニをどっさりのせたものです。しかし,

 

 

ウニクリームパスタ,のような,ウニを使って一手間かけた料理

 

 

の類は,おめにかかれません。

 

 

もちろん,鮮度のいいものは素材で勝負,という発想はわからなくもありませんが(実際観光客が目的とするところは,生ウニであり,浜ゆでのカニであり,日本最北端の碑であったりするわけです。),6次産業化,などというように,地域資源を活用した新たな産業と雇用を創出するためには,農林漁業生産と川下の加工・販売を一体的に形成,振興するような,たとえば,紋別の出塚水産さんのように,かまぼこにしてその場で揚げて食べさせてくれるような気の利いたサービスはso goodですが,当地周辺では,ホタテの加工といっても,干し貝柱を別とすれば,ホタテの殻剥きがせいぜいで,たとえばの話,

 

 

シューマイに加工する工場を作ろう

 

 

というような動きは全く見られません。話に聞くところによれば,細かく「加工」したり,消費者向けにきれいに包装するとかは,どうやら,

 

 

「めんどう」

 

 

なのだそうで,それはそれで気の滅入る話ではありますが,最近では一方で冷凍技術も発達し,生産地と消費地が物理的に離れていることの問題は克服されつつある,とかお聞きします。

 

 

せっかく良質の素材の産地ですので,もう一歩進んで,ここで最終製品まで生産して出荷しよう ?Product of Soyaブランド とか?的な発想はないものでしょうか。崎陽軒さん,食品加工工場を原料産地に作って頂けませんか?

 

地域経済にとっての事業再編,リストラとは・・・

 

フェリーターミナルの「波流」は,筆者が昼食だけでなく,食後のティータイムによく行く稚内にはめずらしいこざっぱりとしたお茶処です。

 

 

それが,この2月で,売り上げ低迷のため,クローズ,ということになったそうです。

筆者としては,ここの豚丼とショウガ焼き定食がお気に入りであったため,非常なるショックを覚えたのですが,この,「波流」(ハル),在稚の支店の方が,お昼など,本社や札幌,旭川方面からの出張者,お客人の「接待」に使っていたそうで,ここがクローズすると,いろいろ多方面に影響が波及するものと思われます。

 

この風景も見納めかもしれません。

 

 

不採算店舗をクローズすることはリストラの基本的な手法の一つです。

 

将来の成長を加速させるには,多少の「痛み」をともなっても足かせとなる不採算事業を早期に切り離すのは経営上の英断ですが,その結果余剰となった経営資源が他に転用される市場の流動性のない地方経済では,結果,雇用が喪失し,将来の成長よりも,うまく利用すれば富を生み出しうるアセットが死蔵され,朽ち果てていくだけになります。

 

稚内市内には,こうした使われることのないアセット(不動産)がよく見られます。しかし,不思議とそういう資産を有効活用しよう,という動きは見られません。

 

 

使いたい人に格安料金で,あるいは破格の条件で,使わせてあげれば,有効活用しようという人も出てくるんではないですかね。

 

 

どうせ何にも使われず放置されているなら,誰も困らないし,むしろ,使っていれば資産の劣化も最小限になり,なにより,予算もかからないし,地域経済にとってもプラスです。

 

 

メニュー満載のレストランを,というとなかなか出す方も大変ですが,たとえば,ちょっとした珈琲屋とか,カレー屋とか,コストのかからない破格の条件であれば,自分で起業してみよう,という人はいるかもしれません。

 

「店を閉じる」前に,そうしたやる気の人材を募集して,経営を任せてしまって,テナント料でもとれば,少額でもプラスになるでしょうに,「閉じて」しまえば,テナント料も入らず,一方で固定資産税は毎年発生し,フェリーを待つ人,フェリーで着いた人の集うターミナルに飲食店が無い,というのはいかにも「さびしい」限りです。

 

その会社にとって不採算事業でも,とりあえず,その会社の経営から切り離し,

 

 

低コスト経営のノウハウをもった他事業者や根性とリスクをとるガッツのある起業家の下で存続させる,

 

 

という方向で着地させることが地域経済に必要ということではないでしょうか,と思う次第です。

 

稚内は「砂嵐」の中にあります

砂漠といえば

砂,暑い

というイメージの強い日本人ですが,月の沙漠など,

水が少ない

という意味の「沙漠」もあります。

水が少ない,といえば,気温が低いと,液体としての「水」は影を潜め,固体としての「氷」に変貌します。もちろん,結晶のきれいな「雪」という存在もありますが,あまりに風が強いと,氷もほとんど砂です。

今日の稚内市内ですが,一見,沙漠の砂嵐です。

こうなると,前も後ろもわからず,車などを運転していますと,どこをどこに向かって走っているのか分からない状況になります。ワイパーも,全く機能喪失です。

大雪やつるつる路面も強敵ですが,こうなったら,速やかに路肩に車を・・・

が普通ですが,そういう教科書的対応が役に立たない好例がこういう場合で,市街地を外れると,

だいたい,路肩がどこか分からない

ことも多いので,うかつに端によると落ちたり,吹きだまりに突っ込んだりします。

事務所から帰ってきたら,自宅の玄関の戸が雪に埋まっていたので,適当にばさばさ払ったら,

鍵穴に雪が詰まって鍵が入らない

水道管の「凍結」にしろ,「氷」の砂嵐にしろ,季節感,風物詩というには,なかなか侮りがたい強敵です。

そういえば,砂漠では砂嵐で町が砂に埋もれてしまう,ということのようですが,稚内も「氷」の砂嵐で町全体が埋もれてしまいそうです。

 

水は摂氏零度で氷になります。

 

筆者は,こういうことは,製氷皿を冷凍庫に入れまして,エネルギーを使ってわざわざそうしなければ,そうならないことが,ほぼ常識的な世界に生きてきた人間ですが,

必死に暖めないと氷になってしまう

冬はかなりショッキングです。

 

昨日,今日と,ここ稚内の最高気温はマイナス10度。

理科の教科書に聞くまでもなく,水は氷になります。

ちょっと気を抜くと,トイレだろうが,風呂だろうが,液体としての水にその機能を依存している文明の利器は,役立たず,になります。

 

そういえば,むかし,むかし,日本の水道をみて感動した南国の某国よりのお客人が,蛇口を購入してお帰りになった,という話がありました。水道は,凍りますと,ただの「蛇口」です。

ところで,稚内とはどういうところか,といいますと

 

南稚内到着1分前の風景です。結構吹雪いてます。

何がそこにあるのかないのか,よくわからない風景ですが,稚内というところは,西側に山(丘)をひかえ,東側の海岸沿いの細長い平地に形成された町で,宗谷線は,日本海側の抜海を過ぎて,この山を越えて市内に入ってきますので,直前までこんな感じではあるわけで,あと10秒もすると,突然住宅地が開けてきます。

昨日は,マイナス10度を下回る中で,約1時間ほど旭川の駅で待たされましたが,同じマイナス10でも,ここでは,地吹雪が吹くと一寸先は真っ白,北緯でいえば45度ですが,ビジュアル的には,ほとんど北極圏です。

 

昨日からの大雪のため宗谷本線普通列車の旅、6時間。

 

ついせんだっては,出張先のホテルで寝坊して,予約していた都市間バスに乗り遅れ(そこの町はかつては鉄道が通っておりましたが,今は,自動車を除けば,飛行機と都市間バスだけがアクセスです。),それでもなんとか隣町までの路線バスに乗り込み,以後,次々と路線バスに乗り継ぐ,いわゆる

北海道横断路線バスの旅

をやって1日がかりで札幌にたどり着いたことがありました。

 

今回は,昨日からの暴風雪で岩見沢周辺の函館本線が麻痺し,そのあおりを食って,予約していたスーパー宗谷が運休。1日旭川泊で様子を見て,次の日の朝も運休。スケジュールの都合上、やむを得ず,旭川以北を運転する宗谷本線の普通列車で,6時間かけて稚内に帰る途中であります。

つまり,

宗谷本線,道北縦断普通列車の旅

なぜか,音威子府は30分弱の停車時間。

しかも、いい天気で,薄曇が若干出ていますが基本的には快晴の空模様です。

 

北海道の弁護士,なかんずく,旭川弁護士会の所属弁護士は,道北を縦横無尽に駆け回る宿命みたいなものがありまして,かつては,在旭川の先生方は,名寄はいいとして,稚内や紋別や,裁判があると,200-300キロを移動せざるをえず大変苦労されたそうで,頭の下がる思いですが,

 

稚内の弁護士は何もなくとも日常的に100-150キロを移動

 

しないと仕事になりません。で,ことがあれば,こうして旭川に呼び出され,結果,普通列車で半日揺られることになります。

北海道の冬なんてこんなもんです

ということらしいでのですが,ただし,旭川以北はずーっと快晴なのが,いただけません。

岩見沢が雪だからって,全区間運休にするな。旭川折り返しで運転してくれ。旭川から先はまだ250キロもあるぞ。

あるいは

現代の除雪車の手に余るなら,宗谷線には秘密兵器「キマロキ」があるぞ。

(筆者注:蒸気機関車2台で動かした往年の名機。昭和のころ、強力なロータリーで豪雪地帯の鉄道輸送をバックアップ。現在、名寄で静態保存中。)

暇なので新聞をすみからすみまで読んでしまいましたが,経常黒字,15年ぶりの低さ,大黒柱だった製造業の力の衰え,という内容の記事が出ていました。長期間の円高と新興国の台頭,国内市場の頭打ち,東日本大震災と原発事故,等々の不幸要因が重なった結果なのでしょうが,こうした突発事象があってもその悪影響を吸収しうる

バッファーが日本全国的に欠如している

のでしょうか。あるいは,もはや吸収できないくらい,国力が衰えているのか,実態はわかりません。ただ,音威子府の駅から,JRから保線の下請けしていると思われる業者のヘルメットをかぶった,一見雪かき用と思われるスコップをもったじーちゃん,ばーちゃんの一団が乗り込んできたところ,なにやら今の日本そのものを見ているような感ではあります。