雪と雪道を考える

今年は全道的に例年を上回る大雪です。ご当地での観測史上最高を記録した岩見沢ほどではありませんが,ここ稚内でも毎日のように,除排雪の車が道路を走り回っております。

「除雪」といっても,相手は,上部30センチまで新雪,その下は,車のタイヤで踏み固められた圧雪アイスバーンです。夜中のうちに,開建の大型除雪車が通ると,朝方には,

 

 

「削雪」状態になります。

 

 

つまり,大型のブルドーザー的な車両が路面の雪を根こそぎもっていくような状況,あるいは,車両の下部に,特殊な除雪機構を備えた大型車両が,通過する路面の雪を削り取っていくような感じで,これが通過しますと,

 

 

きらきら,つるつる,かちかちの路面

 

 

になるわけで,明け方に少々新雪が積もろうものなら,素人が足を踏み入れるのがはばかられる摩擦抵抗ゼロの空間になります。

 

 

聞くところによると,多くの人は,靴の底にスパイク上のピンを入れているそうで,筆者も試してみたのですが,どうも,建物の中を歩くときがよろしくありません。余計に,不安定な姿勢になります。

 

 

が,最近,道新にのっていた優れもので,非金属タイヤチェーンのような(実際,開発元は非金属タイヤチェーンを販売しているメーカさんのようですが)網状のものを靴にはめて歩きますと,なかなか快適でして,例の宙を歩くような感覚がありません。足下が,しっかりと地面をグリップしている感じです。

 

これで少しは冬場も地面を歩くことが出来るようになりました。ありがたい限りです。

 

しかしながら,この大雪がいつまで続くのか,考えるだけでも憂鬱です。

岩見沢では公共交通機関がマヒしているところもあるそうですが,稚内では,石狩ほどは積雪がないのと,比較的道幅が広く,除雪費も恵まれているそうで,その,つるつる,ぴかぴか,かちかち路面を除いては,少なくとも市街地は,鹿も出ませんし,地吹雪もありませんし,比較的穏やかな冬道ではあります。

 

たしか,新潟の方では,雪を夏まで保管しておいて夏場の冷房に使う,という実験が行われているそうで,そうすると,雪も資源です(公共広告機構みたいですが)。

屋根や道路にたまった雪の始末に苦労させられる北の住民ですが,

 

 

「捨て」るのではなく,「貯め」て利用する

 

 

 

方法はないものでしょうか。

町外れに広大な雪捨て場を有する北海道の各市町村こそ,そういう実験にはふさわしいと思いますけど。

 

ただ,低温だけはいかんともしがたく,先般も突然,トイレの水か凍り付き(夜の間に凍ってしまい),大騒ぎになりました。とりあえずホームセンターで買い込んだヒータを水道管に巻き付けて暖めていますが,床下の部分で凍ってしまえば,アウトです。

 

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

北海道稚内市ですが,年末より,荒れた天気が続いております。

氷雪といいますか,雪だか氷だか区別のつかない,ただ,白色パウダー状のぱらぱら雪が,積もっては風に吹き飛ばされております。稚内と言えば風の町,ということになっておりますが,氷紋とはよく言ったもので,このパウダーが強風に吹かれて凍結した地面上を移動しますと,波縞の紋様ができます。ちょっと,大陸的様相です。今年は太陽活動のあたり年だそうで,もしかすると,そのうち,オーロラでも見えるかも知れません。

 

今年は例年より雪は多いそうでございまして,年末までに除雪車が道路脇に作った雪山は,遙かに筆者の背丈を超えておりましたが,徐々に排雪の方も進み,現時点では,雪山は姿を消しつつあります。ただ,雪山の下から地面との境目に現れた「氷板」が難物で,実によく滑ります。神社の階段などもガチガチに凍結しており,うかつに足を踏み入れますと,滑って宙を舞うおそれがあり,と言うのは大げさですが,いささか足下がおぼつかないことから,本年は,初詣も実現しておりません。

 

雪と言えば,屋根に積もった雪も,そう簡単には,消えてくれません。実は,年末に雪下ろしをしてしまったため,とりあえず,雪の重みでどうにかなってしまう心配はなくなりましたが,ド近視,ド乱視,ド高所恐怖症の筆者には,とてもそのような危険な芸当はできるはずもなく,仕方なく,近所の業者にお願いしました。結果,4トントラック優に2杯分の雪が運び出されたそうで,これが家の屋根に積もっていたかと思うと,いっそう寒さが身にしみます。

 

さて,新年とはあまり関係ありませんが,おなじみJR稚内駅で最近よく見かける,

つまり,日本縦断鉄道浪漫の旅

なる企画です。有り体に言えば,稚内から列車に乗って,日本列島を縦断,JR九州の最南端の駅,をちょっと過ぎた枕崎まで行こう,という時間とお金のある人向けの優雅な商品ですが,これがなかなか人気らしく,筆者など,迂闊にも何も知らずにその催行日に出張などに出かけようものなら,

 

(指定席は)満員です

 

と言われて,あわてることになります。特に,事前準備なしで,まあ,汽車の中でちょこちょこっとお茶を濁してはい終わり,的な至極怠慢な予定でまいりますと予期せずして痛い目に会うのですが,幸いにして稚内は始発駅なので,あとは自由席に走るしかありません。

 

しかし,スーパー宗谷とスーパー北斗を乗り継いで,はい函館で一泊,次の日は,函館を出て,青森から東北新幹線,東京で東海道新幹線に乗り換えて名古屋で一泊・・・みたいなペースで続く旅程,札幌往復10時間のショボ汽車旅で毎回ふらふらになっている腰痛星人の筆者には,とてもとても,近寄りがたい世界です。

 

かたや,新幹線を使えば,大阪から鹿児島まで最速で3時間45分だそうでして,大正,昭和レトロな線路をトロトロ走る日に3本のディーゼル特急が唯一の「高速列車」である筆者には,およそ,同じ世界の出来事とは信じがたい話であります。とはいえ,むかしむかし,まだ青函連絡船が元気であったころ,海を渡って函館に降り立った道民が函館始発の優等列車に乗って道内各地を目指したころを思うと,新幹線「札幌延伸決定」に狂喜する札幌の方には申し訳ないのですが,

 

北海道は本州とは時間と価値観の尺度が違うのだ

 

と,新年早々,新幹線にも高速鉄道にも全く縁のない北辺の移民は騒いでおるのであります。