事業者の価値ある情報,営業秘密を守る―― 不正競争防止法 【会社法務・一般企業法務】

?

?

就業規則を見て欲しい,というご相談をうけることがあります。基本的には出来合いののものをお使いになっているケースがほとんどですので,大してコメントすべきところはないのが普通ですが,たいていのケースで考慮されていないのが,本稿のテーマ,「営業秘密」の管理です。

 

会社が秘密として守るべき,顧客名簿,仕入先リスト,製造技術,実験データ,設計図などの,いわゆる「営業秘密」は,不正競争防止法によって守られています。不正競争防止法の下で,たとえば,①会社の機密情報を盗み出し,ライバル会社等に売却する,とか,②営業秘密を盗み出した従業員から,盗み出されたものであることを知りながらライバル企業等が譲り受ける場合,③営業秘密を取得した後に,不正取得されたものであることを知って,あるいは,重過失により知らないで,その営業秘密を使用したりライバル企業等に売却したり,④会社から営業秘密を開示された従業員が,不正の競業その他の不正の利益を得る目的で,その営業秘密を使用したり,ライバル企業等に売却するような場合,民事上の差止請求や損害賠償請求,信用回復措置請求権の対象となり,営業秘密の不正使用等の侵害行為について,刑事罰(10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金)か科せられるほか,両罰規定により法人に対しても3億円以下の罰金が科せられます。

?

ところで,「営業秘密」について,不正競争防止法は,「秘密として管理されている生産方法、販売方法その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報であって、公然と知られていないものをいう」と定義しています。つまり,不競法によって保護されるためには,「秘密として管理されている」ことが要件の一つとされていますので,

 

 

いかに重要な情報であっても,その情報が秘密として適切に管理されていなければ,営業秘密としての法的な保護を受けることは出来ません。

?

 

経済産業省が平成15年に公表した「営業秘密管理方針」(平成17年,22年に改訂)において,事業者の実態を踏まえた合理性のある秘密管理方法を提示するという観点から、営業秘密としての法的保護を受けることができる管理水準と、情報漏えいのリスクを最小化するための高度な管理水準に分けて、それぞれ具体的な管理方法が提示されているほか,特に前者について、企業規模や組織形態、情報の性質等に応じた合理性のある秘密管理手法が実施されていれば足りるとされています。

?

また,中小企業等が営業秘密の管理について自己診断を行うことを可能とするチェックシートや,秘密保持誓約書や共同研究開発契約書など、中小企業等が技術ノウハウなどの営業秘密を扱う際に活用できる各種契約書の参考例,情報管理に関する各種ガイドライン等とその対象となる情報の種類との対応関係を概観することができる図表,具体的な事例を用いた、適切な管理体制を構築するための導入手順例などが示されています。

?

営業秘密の管理態勢に関する裁判例を見ますと、営業秘密として不正競争防止法上の保護を受けるための要件(秘密管理性)として、①アクセス制限が存在すること,及び,②秘密として客観的に認識可能性のあること,が必要とされています。ただし,裁判例で考慮されている具体的な管理方法がすべて実施される必要があるわけではなく,事業規模,業種,提供製品・役務の市場環境,最終需要者の市場動向,情報の性質,侵害態様等も踏まえ、秘密管理の合理性を総合的に判断される傾向にあるようですので,各事業者において,営業秘密としての管理コストをも考慮し,具体的管理方法を適切に組み合わせて法的保護の可能性を高めることが望ましいといえます。

 

旭川→幌加内→朱鞠内湖 - ちょっととしたドライブコース【旭川・稚内・道北風土記】

旭川への出張帰りに幌加内に立ち寄り,蕎麦を食べて帰ることがよくあります。 常陸秋そばの話ですが,毎年新蕎麦の季節になると,金砂郷には,他県からもどっと蕎麦好きが押し寄せます。

北海道には,金砂庵の「水そば」のような,しゃれたものはありませんが,その代わり,と言ってはなんですが,幌加内町を通る国道275号は,交通量も少なく,広大な蕎麦畑と,日本最寒記録マイナス41.2℃をたたき出した森林と湖を楽しめるドライブコースです。

幌加内から朱鞠内に至る国道は,旧国鉄深名線の廃線後と並行するルートですが,そこかしこに,今でも,線路跡や駅舎跡が残っています。

その,朱鞠内湖,「シュマリ」とは,アイヌ語で「キツネ」の意味だそうですが,この朱鞠内湖の観光ポスターが気に入っています。 深名線の廃線跡紀行でも幌加内の蕎麦でもなく,この「朱鞠内湖」のポスター,というのは,いささかマニアックな感がありますが,「魚」へんに,「鬼」とかく,幻の魚という「イトウ」の顔が,実に愛らしいのであります。

こちら,道北では,「イトウ」を唐揚げにして食べた,などと,戦慄する話を聞くことがありますが,確かに,この面構え,うまそうではあります。

さて,23日と24日,海上自衛隊の「せとぎり」という護衛艦が稚内に入港してくれました。 艦齢20年,と若干のご老体で,最新鋭のエイジス感並,というわけには行きませんが,なかなか,なかなか,テロ特措法に基づきインド洋に行ったり,海賊対策でソマリア沖に行ったり,と,結構の働きものです。 漁船を見る機会の多い筆者の目には,近くでみると,なかなか,壮観です。

しかし,ハイテク全盛のこのご時世でも,なお,旗りゅう信号とか,発光信号とか,双眼鏡とか,いろいろ,伝統的な(中世的な?)グッズが現役で使われているのには感激しました。海上自衛艦も,「船舶」です。 当然,船には,船尾に国旗が掲げられています。

もちろん,旭日旗(軍艦旗,自衛艦旗)です。

礼文島に泊まってフェリーが無料-礼文島【北海道観光】

 

?礼文島内の対象宿泊施設にて、1泊・1人様6,000円以上の宿泊をしますと,先着700人まで,稚内~礼文往復フェリー2等運賃を補助&礼文島内で利用できる商品券1,000円分プレゼントのキャンペーンです。専用ダイヤルでの予約が必要です。

 

戦後最高値を更新する可能性も出てきた円高ですが,輸出競争力が弱くなると,めぐりめぐって,観光にも影響は大,ご多分に漏れず,震災の衝撃からいまだに完全復活していない宗谷地方ですが,なんとか,観光産業も復興して欲しいところです。

 

宗谷地方の観光,といえば,先般,宗谷総合振興局が中心となって,旅行代理店担当者が,宗谷とサハリンが一体となった観光資源の開発,商品化のため,実際にサハリン州へ行き,現地観光資源を検証,体験したとのことで,観光振興のために,観光コンテンツの開発,整備と商品化(情報発信を含む。)の動きがそこかしこに見られます。ぜひ,結実してほしいものです。

 

残念ながら,というか,不幸にして,宗谷地方は,人口の集中する都市部から時間的に,距離的に,「コスト」的に,相当離れたところにあります。東京から飛行機に乗れば,往復の交通費だけで, 昨今では,ソウル,台北あたりの海外旅行には行けてしまうくらいの飛行機代を払わなければならず,それだけの負担をして来ていただける観光客の皆さんに満足していただけるだけの観光コンテンツは,潜在的には,あると思うのですが(筆者の感想),なかなか,小さなお子さん連れのご家族などには,難しそうではあります。

 

宗谷地方は,「梅雨真っ盛り」の様相で,連日,曇り空か雨,です。当事務所の除湿機もフル回転です。

 

これは,どう考えても,梅雨です。北海道に「梅雨はない」神話は崩壊しました。

 

梅雨前線によるものかどうかは知りませんが,少なくとも,地面に暮らす我々には,梅雨前線だろうが,「大陸性」低気圧だろうが,知ったこっちゃありません。ローカルテレビ局のアナウンサーの中には,「梅雨空みたいな」 ,というような言葉使いの人もいますが,往生際が悪いのか,日本人は,あまねく「神話」に弱いのか,不思議なところです。

 

『最先端の自然エネルギー都市・稚内』――首都圏対象稚内ツアー【稚内風土記】

 

 

道新のweb版によれば,福島原発事故で自然エネルギーへの関心が高まる中,東京の旅行会社クラブツーリズムは,稚内市内の風力・太陽光発電施設を巡る首都圏在住者対象のツアーを企画しており,9月に1泊2日の日程だそうです。

 

稚内には,宗谷岬の57基の風車(宗谷岬ウインドファーム)や、大規模太陽光施設の稚内メガソーラー発電所が稼働していますが,これらの総発電量は,稚内市内の消費電力の9割に相当する量,ということでして,3.11以降,自然エネルギーへの関心が高まる中で,全国から,地方議員の行政視察が来ているそうです。

 

稚内に限らず,北海道の日本海側(国道232号線,いわゆる,「オロロンライン」)をドライブしますと,幌延のオントルイ風力発電所,羽幌のオロロン風力発電所,そのほか,都苫前,小平,留萌のウィンドファーム等々,風力発電所がずらっと並んでおります。風車がぐるぐる回っておりますと,なかなか壮観な景色なのですが,ご多分にもれず,結局,都市部に向かう送電線の容量が制限されているそうでして,電力の生産地と消費地の間のネットワークがうまく形成されていない我が国の電力事情の実情を感じます。

 

さて,そのツアーですが,料金は,と言うと,羽田-稚内便を使い、出発日と料金は、9月8日発が3万9800円、10日発が4万4800円だそうで,1泊2日の旅行として,どう考えるか,人それぞれ,というところでしょうか。

 

ウラジオ~釜山~稚内~コルサコフ――貨物船トライアル寄港【ロシアビジネス】

 

 

今日付の日刊宗谷を見ていましたら,飯野港運(株)の仲介で,ロシア極東ウラジオストク市の海運会社による韓国釜山港経由の貨物船トライアル寄港が実現しそうな情勢,という記事が出ていました。

 

国際物流の拠点として,サハリン定期航路と,ロシア極東ウラジオストク~釜山~コルサコフを結ぶ貨物便で極東の水産物を稚内に陸揚げすることにより,日本海側拠点港選定に向けた実績作りを目標とする稚内市としては,是非とも実現して頂きたいところです。

 

少子高齢化と人口減少により,国内市場での成長を見込むことが難しい中で,道内企業としては,是非ともロシアを含む極東地域に目を向けて頂きたいところですが,問題は,何を売り込むか,でしょうか。今回のトライアルでも,稚内での積荷をどうするか,が大きなポイントになっているようです。

 

せっかく稚内に寄港して頂いても,稚内からの積荷が無ければ,効率のよい運搬にはなりません。といって,国内の輸送コストやCO2の排出(原発事故で,全く話に出なくなりましたが)を考えますと,稚内周辺にあるものや稚内周辺で生産,製造されたものを輸出するのが,理想的な姿なのではないかと思います。

 

ロシア市場でのマーケティング,輸出業者の誘致・支援,国内輸送ルート及び港湾インフラの整備,といったところを戦略的,整合的に進めて頂きたいところではあります。