稚内では,地吹雪でホワイトアウト,はよくあるのですが。

雪でホワイトアウトしても安心なのは,鉄道ならでは。

石狩では,雪が降り続いて真っ白。気持ちの悪いものです。

制限速度で走っている(とても,それ以上のスピードは恐ろしくて無理。)筆者を,追い越して爆走していく車。

ちょっと,ちょっと,

雪で車線は見えませんが,ここは,追い越し禁止のはずですが(標識はあり)。

それに,追い越していくアナタのまく雪煙で,ただでさえ見えにくいのに,余計に見えなくなっているんですけど。

北海道の道は,何でもありですよ。事故が多いのも,肯けます。

14時まで運転見合わせ,のはずが,札幌駅まで来て,「終日運休」の掲示。

夜8時過ぎの南稚内駅。

4日から5日朝にかけての暴風雪,4日は運休で,5日も,少なくとも午前中は運休だろうと予想して5日朝,ネットを確認したところ,14時まで運転見合わせ,とあり(ここまでは,想定通り。),ならば,旭川20時の特急(サロベツ4号)は運転されるのだろうと思い札幌に出てきましたら,結局,5日も終日運休のアナウンス。

バスで戻りました。

金,土と,上がマイナス10というのは,こたえます。

お世話になっております。

北海道の空港で除雪は不可欠ですが,大変な作業です。


就航率99.5パーセントの旭川空港は,除雪作業のおかげです。

驚いたのは,旭川駅から空港までのバスですが,5時起きで,あさイチの6時56分のバスで,空港まで40分,しばし寝ようかと思いましたら,頼みもしない資料映像のような画像と音楽,で,コマーシャルが,えんえん40分。広告料で,その分運賃が安くなっているのであれば文句は言えませんが,稚内市内~稚内空港までの空港連絡バスが(乗客が市内で降車しないことがわかりきっているので),これからはご案内は致しませんので,ごゆっくりお過ごしください,としばしの静寂を作ってくれるのと実に対照的でした。

JRのアナウンスですが,” to avoid causing undue annoyance to other passengers, please refrain from engaging in loud conversations”とか, “if you use a mobile phone, please go to the end sections near the doors”とか,まあ,お静かに,ということですが,「静寂」も,重要なサービスではあります。さすがにJRでは(少なくとも,宗谷線では)車内の音声付きのコマーシャル放映はありませんが,乗客には静かにしろ,とアナウンスしつつ,事業者がスピーカーでコマーシャル流していたら,せっかくのアナウンスが台無しです。

売上向上の努力には敬意を表しますが,観光地(事業者)としての成熟度が,こういうところでもでてしまうものです。